暴走する悪徳エリートの所業
147266 '02年の訪朝も小泉パフォーマンスの一種にすぎなかったのでは。
 
匿名希望 07/03/16 AM08 【印刷用へ
‘02年の日朝首脳会談で、金正日が拉致に関して小泉に謝罪したという報道があった。
拉致問題は一見、進展したかのように思えたが、結局今の日朝関係を見ると、何も変わっていないことが分かる。

天木直人のブログリンク 3月13日の記事に、「金正日が謝罪したという嘘」という内容があったので紹介したい。以下、引用。
●――――――――――――――――――――――――――――●
>見落としていたのであるが、3月4日の産経新聞で、日本人拉致に朝鮮労働党幹部が関与していた、というスクープが報じられていたという。その報道によると、この幹部は朝鮮労働党対外情報調査部のカン・ヘリョン元副部長である。金総書記との関係や経歴から、日本の警察当局はカン元副部長の動向や日本人拉致との関連を調べていたが、蓮池薫氏が警察当局に対し、「面識があった」と証言していた事により、捜査の局面が大きく変わったという。【中略】

>02年9月17日の日朝首脳会談において、金正日総書記は小泉前首相に対し、「(拉致)は特殊機関の一部が妄動主義、英雄主義に走って起こした」と「謝罪」した。そう我々は聞かされてきた。そして金正日総書記に謝罪させた事を小泉元首相側は大手柄であると喧伝した。当時のメディアで、金正日発言の胡散臭さを批判したメディアはひとつもなかった。しかし、そもそもこの金正日総書記の発言が、どこで、誰に対して、どのような表現でなされたものであるか、我々はいまだに正確な事を知らされていない。メディアは外務省の結果報告の記者ブリーフィングを流したのであろうが、それは外務省がたくみに加工したものである。極秘の会談の全貌が正確に明らかにされることはあり得ない。

  そもそも、報道されて来た金正日総書記の「部下が勝手にやった事で、自分は知らなかった」という発言そのものが不透明だ。それがどうして謝罪になるのか。この北朝鮮の外交的発言を都合の良いように「謝罪した」という解釈をして国民を欺いてきたからこそ、北朝鮮に「解決済みである」と開き直られるのだ。それに反論できなくなるのだ。
ところが今回の産経新聞のスクープによって、その金正日総書記のみせかけの謝罪発言そのものが嘘であった事が明らかになった。【中略】

拉致問題をめぐる日朝交渉はもはや官僚同士の無意味なにらみ合いの段階をとっくに通り越している。あの時、小泉前首相が拉致問題の真の解決を願って訪朝したのであれば、日朝交渉が完全に行き詰まり、安倍首相も外務省も打つ手がなくなった今こそ自らが責任を果たすべきではないか。金正日総書記を訪問し、02年の9月17日の原点に戻ってもう一度最初から交渉し直す事を提案すべきではないのか。「拉致問題は首脳会談でしか解決できない、だから自分が訪朝したのだ」と自慢げに話していたのは小泉元首相だったのである。あれほど自尊心の強い小泉前首相が、だまされた事が明らかになっても憤慨しないのはどう考えてもおかしい。再交渉を自らの手でおこなう気持ちが起こらないのなら金正日と闇取引をしたという疑惑に信憑性がでてくる。
●――――――――――――――――――――――――――――●
引用終わり。

金正日と小泉の間で闇取引があったかどうかは定かではないが、やはり当時の訪朝、首脳会談は、小泉政権の支持率上昇のためのパフォーマンスの1つにすぎなかったのではないだろうか。

小泉政権がもたらした数々の功績と言われているものは、結局全て見せかけのパフォーマンスにすぎず、今になって日本に悪影響を及ぼしているように思う。
 
  List
  この記事は 96520 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_147266
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp