本能⇒共認機能⇒観念機能
147011 日本語が美しい理由
 
狒狒 ( 46 ) 07/03/12 AM11 【印刷用へ
言葉はその音が単なる記号ではない。
その音が持つイメージから言葉は作られる。太古、精霊を見て、観念を発明したとき、彼らの感覚にしっくりくる発音が与えられたはずだ。
日本は幸い、太古から民族、文化、言語がずっとつながっている。
日本語が持つ語感は、日本の風土の中で作られた言葉が変化しながらもずっとつながりを持っている。

たとえば「サクラ」は、息を舌の上で滑らせ、口元に風を作り出すSa、何かが1点でとまった感じのするKu、花びらのように舌をひるがえすRa、で構成され、つまり風に散る瞬間の花の象をあらわしている。

また、50音図は見事にそれぞれの音の特徴をマトリックスに表している。
開放するa、尖るi、内向するu、おもねるe、包み込むo
きっぱりのk+開放するa=ka、きっぱりのk+尖るi=ki、・・
爽やかなs+開放するa=sa、・・・
・・親密のn+おもねるe=ne・・・50音すべてに性格づけが出来る。

50音の中で最も鋭く尖った音「キ」。木のイメージは地面から突き出た硬く尖ったものなのだ。

だから日本語には擬態語が多い。
カラカラ、クルクル、コロコロ
サラサラ、ソロソロ、スルスル
タラタラ、ツルツル、トロトロ
Kは回転する固体、Sは乾いた空気の摩擦、Tは粘性のある液体のイメージだ。
日本人ならみんな共有できる音のイメージ。新しく擬態語を創ってもすぐ通用する。ところが、外国人にはこれが理解できない。

無数の音節単位を認識する他国の言語では、各音に対する性格付けがほとんど不可能。
音の語感だけで雰囲気の解る日本語発音体系、それを太古から途切れずに発達させることが出来た。
日本語は美しい。

黒川伊保子 「日本語はなぜ美しいか」 より

サクラサク、この語感の美しさ。みんなが共有できることの幸せ。
 
  List
  この記事は 146997 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_147011
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
お花が「さようなら〜」って言ってる! 「感謝の心を育むには」 15/05/03 PM11
始原の言語・日本語の可能性〜むすび 「縄文と古代文明を探求しよう!」 12/09/05 AM02
言葉が違うッ☆+゜ 「男と女の職場話」 10/10/30 PM05
239046 想いを共有することを重視してきた心☆ 宮谷和枝 10/10/07 PM06
228896 Re:日本語が美しい理由 のうぜんかつら 10/03/25 PM10
美しい日本語☆ 「ブログ de なんで屋 @東京」 09/11/27 PM05
196870 子どもの母語獲得と知能の形成過程 萱間直 09/01/09 PM08
171107 日本語と文字 狒狒 08/02/18 PM08
155128 日本語のルーツを探る〜日本の話し言葉は、どうやって出来上がったのだろう 猛獣王S 07/06/23 PM11
151440 大丈夫?今のままで・・・ みたらし団子 07/05/11 PM08
日本語って美しい☆.。.:*・° 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 07/05/02 PM07
147059 母語形成の大事さ 日本語の豊かさ 狒狒 07/03/13 AM09
147025 日本語が美しいのは"言霊”を伝承できたから 向芳孝 07/03/12 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp