日本人と縄文体質
146997 日本語の音声認識が日本人を性格づけている
 
狒狒 ( 46 ) 07/03/11 PM11 【印刷用へ
日本語は必ず一つの子音が母音とのセットの発音になっている。音声の認識も母音を中心に認識する。
このような言語は日本語とハワイ、南太平洋のポリネシア語族にしか見られないそうだ。

世界のほとんどは子音を中心に認識する。ヨーロッパ語もアラビア語も中国語も。口から空気を出すときに障害を作り変化を出すのが子音である。相手との距離を保ち、威嚇する発音体系である。

それに比べ、母音は息に制動をつけず、声帯振動だけで出す自然体の音である。伸びをするときは「あー」と言い、痛みに耐えるときは「うー」と言い、感動したら「おー」と言う。心を開かせる音である。「さようなら」は親しげだが、「失礼します」は距離がある。これは使われ方の決まりだけでなく、音が持つ印象でもある。

日本人は母音を言語脳である左脳で聞いている。日本人とポリネシアン以外の人々は右脳で音響障害として聞いている。日本人が虫の音を左脳で聞いてしまうのは母音が自然音に近いからだ。

母音語族は相手と潜在意識を溶け合わす会話がベースである。子音語族は対立し、立場をはっきりさせる会話である。豊かな森の中の会話と砂漠の会話の差である。
「うれしかった、ありがとう」と「こうえいでした、かんしゃします」の語感の差そのままなのだ。
日本人は人間同士だけではなく、自然音を聞き自然とも意識を溶け合わす。
この言語のおかげで同化能力が高いのだ。

黒川伊保子 「日本語はなぜ美しいか」 より

言語が脳に与える影響は確かに大きい。音の持つ性格そのものが重要であるというのは新しい認識だと思う。

 
  List
  この記事は 146820 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_146997
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
『生きる力を育てる教育』〜日本語の力(8)自然への感謝の心を育む日本語〜 「感謝の心を育むには」 12/07/14 PM00
始原の言語・日本語と、日本語に見る言語の本質・起源 プロローグ 「縄文と古代文明を探求しよう!」 12/05/29 PM08
251974 母音語を使う女の幸せ 火中の栗 11/05/25 AM03
238785 これから学んでいきたいと思います^−^ さぼてんのはな 10/10/02 PM09
日本人の可能性とは何か??〜同化能力を保持してきた秘密とは 「路上で世直し なんで屋【関西】」 08/12/13 AM01
189387 乱れた日本の国語と日本人の卑しい発言〜テレビの普及に伴い日本語の乱れ加速 猛獣王S 08/10/10 PM08
163615 「武器」として鍛えられてきたヨーロッパ言語 大西敏博 07/10/17 AM07
155230 『ひらがな』の魅力 ちから 07/06/25 PM01
縄文ー古代通信 NO1(19年4月号) 「縄文と古代文明を探求しよう!」 07/04/09 PM06
147070 人類は母音語からスタート 「るいネット」ファン 07/03/13 PM06
147011 日本語が美しい理由 狒狒 07/03/12 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp