西洋医療と東洋医療
146419 医者の本音〜タミフル:薬について〜
 
HAYABUSA ( 30代 東京 ) 07/03/04 PM01 【印刷用へ
>結局子供は、2日で熱はさがり、順調に快方に向かっている。146387

それは良かったですね。ぶり返さないように注意しましょう。

私の息子(11ヶ月)もインフルエンザと診断されタミフルを処方されました。が、最近の(飛び降り)騒ぎもあり、タミフルを飲ませるかどうか非常に迷いました。

そこで、医師である義理の姉に相談したところこんな返答が。

「タミフルは新しい薬。(昨今の事件にあるように)副作用で何が起こるか、正直、わかっていない。
私が母親であれば、自分の子供にタミフルは飲ませない。高熱で手がつけられない場合のみ、座薬の解熱剤を投与するだろう。
座薬の解熱剤は、長年使用されており、もはや伝統的といえるほどの実績がある。通常のインフルエンザであれば、そちらを選択するのが賢明。」

また、ベビーシッターを20年近くやっている私の母親に同様の相談したところ、こんな返答が。

「預かった赤ん坊の母親が医師だった場合、自分の子供にほとんど薬を飲ませないことに驚く。
預かった赤ん坊(20人くらい)と同じだけ多くの母親と接してきたが、医師の母親は際立って薬を飲ませない方針をとる。「なぜ薬を飲ませないのか?」と聞くと「健全な免疫力をつけさせるためだ」という。賢明である。
昔はタミフルなどという特効薬はなかった。それでも、インフルエンザは治った。新型インフルエンザでない限り、放っておけば治る病気である。少々熱は出るが、健全な赤ん坊は39度そこそこの熱には耐えられる。経験上、40度くらいの熱は驚くに値しない。したがって、タミフルの投与は不要である。」

・・・・・・
今、日本の病院どこに行ってもインフルエンザと診断されればタミフルを処方されるでしょう。場合によっては、予防用として処方の半分(一日2錠のところを1錠)を飲むよう発病者周辺の人は勧められます。

が、医者の本音は「タミフルは止めておけ」なのです。
もっというなら「薬は飲ませない」が本音なのです。

冷静に考えてみれば、当たり前のことですね。

でも、上記のようなアドバイスを受けるまで、疲弊していく息子を目にして、冷静な判断が出来なくなっていたことに気づきました。
「インフルエンザ」⇒どうする?⇒「特効薬(タミフル)しかない」と思っていた。つまり、完全に洗脳されていたということです。

私の馬鹿さ加減はあろうと思いますが、目の前で苦しんでいる息子を一刻も早く何とかしてやりたい、というのは人情。その過程で冷静さを失うのは、正直、無理のないことではあると思います。
タミフル洗脳はこのような人情につけ込む手口。なんと恐ろしい!

ちなみに、妻と私がオロオロしているうちに、息子は(数回の解熱剤投与はしたものの)2日でケロッと治ってしまいました。
 
  List
  この記事は 146387 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_146419
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
221892 体温上昇(発熱)を自然の摂理から考える 〜解熱剤は危ない!?@ 西谷文宏 09/12/13 PM11
148080 タミフル被害 実際の声 匿名希望 07/03/27 AM06
147625 タミフルは本当に悪者か? 道家利彦 07/03/20 PM11
146872 「塗り重ねの原理(免疫)の発熱」と「力の原理(対処療法)のタミフル」 近藤文人 07/03/10 AM08
146729 薬の洗脳 匿名希望 07/03/08 PM10
146698 「特効薬」ってあやしい。 匿名希望 07/03/08 PM04
146696 タミフルって 匿名希望 07/03/08 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp