人類の起源と人類の拡散
14552 黒曜石、翡翠の広域に渡る存在は、交易ではなく贈与の結果ではないかA
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 01/10/25 PM11 【印刷用へ
さて次の問題は、この時代の上記の貴重品が広範に広がっていたのは、贈与によるものか、交易によるものかどちらなのか、である。

 結論から言えば私は「贈与」によるものであると思う。
 何故なら、まずこれだけの広域かつ多方面の広がりからみて、交易である事は考えにくい。何故ならば上記の物品(原石)が採掘できる場所は限られており、かつ仮に交易であれば、一般的に考えて特定の部族間でやり取りされるはずである。つまりこれだけの広域の広がりを説明できない。
 逆に贈与であれば、潜在的な緊張関係のもとでかつ友好の意思を多方面に示す必要性が高く、広域に渡ることが説明がつきやすい。
 
 もう一つの理由は原始共同体は自給性が非常に高い事による。交易するということは、他の部族に、自らの生活条件及び生存条件の一部を依存する事を意味する。これは,自給度の高い歴史を積み重ねてきた共同体集団からは、極めて出てきにくい発想である。

 その意味で、私は交易とは自ら生活に必要な生産活動を行わない、遡っても略奪部族、ひいてはその後の支配階級の需要に端を発する様に思われる。また実際交易を後の時代に中心的に担っていたのは、周辺に追いやられた、遊牧部族や海洋部族でその最初の姿は、盗賊や海賊的行為によって得た品の売却であった様である。(つまり半略奪、半交易)

 もし当時の日本列島に少数ながら略奪性の高い部族がおり、それが略奪した品と引き換えに生活上の必需品の一部を得ていたとすれば、交易であるという仮設も成立しうる。しかし私の現在知る知識の範囲内では、そのような部族の存在は確認できていない。

 上記の理由より交易の可能性は極めて少ないと思われる。かつ上記の類推より当時の集団間の関係がおぼろげながら浮かび上がってくる。

 逆に先日のNHK番組が何をもって「交易説」を唱えているのか、その根拠が知りたい。何か明確な根拠があるのであろうか?
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_14552
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
184196 移動によった広がりはないの? 塩貝弘一郎 08/08/29 AM11
ヒスイの広域に渡る存在は、交易か贈与か? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 08/04/12 AM02
170172 三内丸山遺跡に贈与品が多いのは? ミリオンゴッド薬袋 08/02/02 AM00
黒曜石の広がりは、交易か贈与か? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 07/12/26 PM08
3万年も前に神津島と伊豆半島で交易があったってホント? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 07/08/22 PM11
149813 海を越えて贈り物をとどける happy 07/04/20 PM01
149779 縄文時代に交易は成立しないのでは unclefootballer 07/04/20 AM01
149722 贈与と交換 「るいネット」ファン 07/04/19 PM02
135924 『贈与』という同類間の緊張緩和システム ゲン 06/10/29 PM11
135622 人口増加に伴う贈与の発生と贈与の品 base 06/10/26 PM11
135610 「贈与」「交易」どちらで捉えるかは、「共同体」という認識があるか、ないかの違い? 藤田公一 06/10/26 PM10
135507 交易か贈与かは、状況によって変わる 平松拓也 06/10/25 PM11
123701 黒曜石についての疑問 衛藤信義 06/06/24 PM11
104611 交易か贈与か・・・贈与説に賛成 ハリケーンミキサー 06/01/26 PM01
103625 土器様式圏による交易か贈与かの決着 下城浩一 06/01/05 AM02
99187 「縄文時代の商人たち」という論理の飛躍した学説 岡本誠 05/10/16 AM02
96479 黒曜石、翡翠は期待・応望充足を高める存在。 志水満 05/08/26 PM11
96470 黒曜石は貴重だからみんなに配った 新川啓一 05/08/26 PM10
14853 三内丸山の交流と集団 細田卓司 01/10/30 AM01
14783 物質文明偏重の問題点 橋口健一 01/10/28 PM06
14700 貴重品を相応の対価なく流通 岡本誠 01/10/27 AM05
14565 贈与から交流、そして交易へと 田野健 01/10/26 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp