収束不全:やりたいことが見つからない
143638 「あなたは今のマスコミが信用できますか?」
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/01/29 PM05 【印刷用へ
>「あなたは今のマスコミが信用できますか?」調査結果リンク

「全てにおいてまったく信用できない」,「そもそもマスコミ自体信用しない」との答えが約75%。4人のうち3人がマスコミ情報を「全く」信用していない。 と言うが…。

意識の上では、75%の人がマスコミを全く信用していないとは言っておきながら、残念ながら現実は(私も含め恐らく90%以上の人が)マスコミの情報によって洗脳され、行動を支配されているのではないだろうか。

「テレビ発納豆売切れ騒動」「不二家事件後の大衆の行動」などで周知の通り、多数の事象があるが故に、この現実には誰も反論できないだろう。

自分だけはマスコミに騙されまいと考え、(意識の上でのみ)自己防衛に向かい、マスコミに洗脳されている現実を都合良く捨象している人は多いと思う。(洗脳状態になっているのだから問題として顕在しない)

この意識と行動のズレこそが、社会を何とかしなくちゃという、差し迫った焦りと成り得ず、社会を変える可能性に蓋をしているように思う。

しかし、昨今の偽装事件だらけでマスコミ不信最骨頂の社会を見ていると、大半の人々がこのままでは本当にヤバイと強く思い始めてきているのがよく分かる。みんなの意識や事実を追求していかないと、自己防衛などで誤魔化しきれないと、潜在的に気付いている。

事実を知りたいという答え欠乏,事実追求意欲は、今や万人が感じる欠乏となり、最大の期待ともなってきているように思う。
 
  List
  この記事は 143561 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_143638
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
158947 米国民の半数「メディアの報道は正確とは限らない」 猛獣王S 07/08/14 PM09
146917 「番組ねつ造でテレビへの信頼度下がったか?」 酒井裕志 07/03/10 PM08
146358 報道がもたらす「1次被害」と「2次被害」 猛獣王S 07/03/03 PM10
聖域を守りたいのはマスコミ?! 「感謝の心を育むには」 07/02/13 PM07
144497 「やはり踊らされてしまう」 匿名希望 07/02/09 PM06
144346 「追求の場」がないとマスコミに洗脳されてしまう。 菅原正輝 07/02/07 PM08
144283 ソースロンダリング 復讐の叫び 07/02/07 PM00
144052 「女性は子ども産む機械」騒動に見る政治家やマスコミの体たらくぶり 正国稔 07/02/03 PM02
143986 Re>「あなたは今のマスコミが信用できますか?」 カズ 07/02/02 PM09
143940 収益至上主義の崩壊=マスコミの終焉 琵琶湖 07/02/02 AM09
143878 > 「あなたは今のマスコミが信用できますか?」 寺嶋眞一 07/02/01 PM05
143857 なんで、嘘の番組をつくるのだろう? 匿名希望 07/02/01 AM03
マスコミが信用できない!! 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/02/01 AM02
143788 マスコミ自身が一番マスコミを信用していない 加藤弘行 07/01/31 PM02
新番組「捏造!あるある大事典」…ってどうよ? 「にほん民族解放戦線^o^」 07/01/30 PM06
マスコミが作り出す「単純な番組批判」 「地域を守る人たち(旧:なんで屋)」 07/01/30 PM06
施政方針演説と一般代表質問←これもヤラセ 「地域を守る人たち(旧:なんで屋)」 07/01/29 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp