暴走する悪徳エリートの所業
143424 「不二家」に便乗、10億の儲け!?
 
火中の栗 ( 40代♂ ) 07/01/26 PM11 【印刷用へ
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」 リンクより

■以下引用___________________________

ヤフーファイナンスの株価の動向を見ると
<230円から空売りがスタート。しかも不祥事の公表前>
不二家の不祥事発表より前には230円程度だった時期から
大規模な空売りがスタートしており、急落していることがわかる。

出来高もすごい。空売りがスタートしている時期に、4千万株も出来高がある。
ゴールドマンサックスグループは、632万株である。
それのほぼ6倍〜7倍の売りがあった。

<便乗して金儲けをしている政治家筋の存在を疑え>
ということはこの情報を事前に入手して空売りで儲けを
ねらった、政治家系のインサイダー資金運用の存在を疑ったほうがいい。
香港のファンドなどを通じて資産運用しているかもしれない。

しかも不二家のメインバンクはりそな銀行である。

そして、現在、199円である。
<ゴールドマンの金儲け>
ということは、ゴールドマンサックスは、もし632万株を
売りに出していれば、
632万株×(230円―199円)=約1億9千万円
(諸手数料等は除く)
つまり不二家のたった一日の消費期限切れ問題を
膨らますことで、
ゴールドマンサックスは約2億円近くも儲かっているのである。

<ゴールドマンに便乗して10億円も金儲けしている人たち>
そして、問題なのは、このゴールドマンサックスに便乗して
空売りをしかけている、他の4千万株の出来高の主である。
これらの人には、空売りで、
(4千万株―632万株)×(230円―199円)で
=10億4300万円も儲かっているのである。

つまり、ゴールドマングループはこの不二家の取引で
2億円近くを儲けて、それを事前に知っていて
便乗している人たちが、10億円も儲かっていると推測される。
________________________________

今回の事件で12億もの儲け!
それにしても、便乗している人とは誰なのか?
また、これを煽っていた(と思われる)マスコミとのつながりは?
※継続して追究してゆく必要がある。
 
  List
  この記事は 142580 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_143424
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
170110 「毒餃子」でJT株不審な動き?〜公表遅れて投資家の憶測呼ぶ 猛獣王S 08/01/31 PM11
不二家 3月1日にも「安全宣言」再開の裏には? 「Financial Journal」 07/02/28 AM10
144787 「マスコミ」がアメリカに買い叩かれるのもそう遠くない!? 匿名希望 07/02/12 PM09
144758 不二家事件:付和雷同メディアの怖さ 猛獣王S 07/02/12 PM02
143471 不二家(森永)と外資系そして政治家の繋がり 中村英起 07/01/27 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp