暴走する悪徳エリートの所業
142580 徹底的に「不二家」を弱体化させる闇の勢力の存在
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/01/17 PM05 【印刷用へ
私もこの事件にはいくつかの怪しさを感じます。

まず、事件発覚のきっかけがどうも曖昧になっています。「内部告発のようだ」とされているが、どうも怪しい。現在は、内部告発者保護法のもと、第三者が内部告発者を装っても、その告発者は守られるようになっており、万が一公になっても低リスクなので、「内部告発のようだ」とさせておく方が都合がいいのでしょうか。

また、死亡者が出た雪印食中毒事件と比較し、不二家の事件はたった一日消費期限切れの牛乳を使用したというだけ。にもかかわらず、この騒ぎの大きさはあまりにも異常です。何者かがマスコミを使って増幅し、意図的に騒ぎを大きくしている気がします。不二家の株価が下落することで利益を得ることが出来る勢力、つまり底値で買いたたきたい投資家による陰謀ではないかと思います。

そんな中で今朝の記事です↓。
「不二家に外資ファンドの触手も 業界再編焦点」 リンクより
>同社の主要株主である菓子大手、森永製菓が支援に前向きな姿勢を示しているほか、国内の食品系企業の株を買い集めている外資系投資ファンドの動きに注目が集まっている。
>同社は株式を持ち合い、不二家株3・9%を保有。製品の共同配送にも取り組むなど深い関係にあり、すでに具体的に支援策を検討しているもようだ
>イオンやセブン&アイ・ホールディングスなど大手流通各社が不二家商品を相次いで撤去しており、販売を中止した洋菓子以外の商品にも影響が広がっている。
>一方で明星食品に対し、敵対的TOB(株式の公開買い付け)に踏み切ったスティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンドなどの投資ファンドの動静も不気味だ。
>不祥事発覚後、不二家の株価は急落し、「買いごろ感が出ている」(大手証券)との声もある。不二家のブランドや保有資産を目当てに投資ファンドの標的になる恐れも指摘されている。

森永製菓の今後の動きもですが、やはり外資がどれだけうまい汁を吸って逃げるかを注目してみたいです。また、この程度の事件で、流通各社が撤退を即決していることも不自然です。徹底的に不二家の弱体化を促している存在があることは間違いなさそうですが、誰が?何のために?

その闇の勢力が一体何者なのか、裏組織の存在が気になります。
 
  List
  この記事は 142523 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_142580
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
168635 ユダヤ金融資本による日本の食品会社の乗っ取り方法 猛獣王S 08/01/07 PM09
背後で何かが進行している?!・・・スティールばかりが取り上げられるのはなんで? 「Financial Journal」 07/06/18 PM00
スティールの背後にいる“50人の大富豪” 「Financial Journal」 07/06/02 PM11
143424 「不二家」に便乗、10億の儲け!? 火中の栗 07/01/26 PM11
日米国家ぐるみの詐欺行為 「Trend Review」 07/01/25 PM10
143126 不祥事と裏 けい3 07/01/23 PM10
不二家を襲う闇勢力 「なんで屋−驀進劇−」 07/01/23 AM04
143025 マスコミの格好の餌食になった? 橋本正雄 07/01/22 AM00
142994 本気で集団のことを考えたら株式公開なんか出来るわけない。 山田太郎 07/01/21 PM07
MSCBと空売りで儲ける仕組み 例えば、不二家とG・Sの場合 「地域を守る人たち(旧:なんで屋)」 07/01/20 PM06
142853 外資の目論見〜バブルから現代まで〜@ 塩貝弘一郎 07/01/20 PM00
株価が下がっても儲ける方法 『空売り』 「地域を守る人たち(旧:なんで屋)」 07/01/19 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp