否定脳(旧観念)からの脱却
141898 東洋の父系観念
 
岩井裕介 ( 35 山口 再開発プランナー ) 07/01/10 AM00 【印刷用へ
約8000年前頃の遊牧部族の父系制転換→掠奪闘争の玉突き→武力支配国家の成立を経て、父系一対婚は私権社会の基礎単位として確立されてきた。

西洋の(ユダヤ教→)キリスト教社会も、東洋の儒教社会も父系の(親族)集団構造を基礎としている点では同じだが、比較するならば、東洋の儒教のほうが「父系観念」は強いと言える。

実際、中国では「宗族」という父系の氏族血縁が非常に重要視されてきた(韓国では「本貫」がこれにあたる)。宗族とは、共通の祖先を持つことで団結し、共通の利害を持つ父系の血縁集団、その規模は数百〜数万人で、血縁の繋がりは強力だ。
中国・韓国に特徴的な「夫婦別姓」も父系血統主義の象徴で、姓が父系血縁のシンボルであることを表している。

※参考1: 宗族とは→リンク(ウィキペディア)
※参考2: 宗族制度の確立は周の時代に遡ると言われる→リンク 
(周の時代に、血縁に基づく封建制が確立。春秋戦国時代に儒教が登場)

実現論にあるように、東洋では掠奪闘争の過程においても覇権闘争の色彩が強く、氏族集団の結合を残した支配・服属のかたちが主流であった。(私権文明を問い直す(東洋と西洋)実現論2_2_01
同類闘争圧力に対応し、自部族(連合)を統合する(≒正当化する)観念として、西洋では「精霊信仰→守護神信仰→古代宗教(一神教)」という系譜を辿ったが、東洋では「精霊信仰→祖霊信仰(祖先崇拝)→儒教」を生み出した。
東洋では西洋の「神」のような架空観念を生み出すことはなかったが、「祖霊信仰(祖先崇拝)」を媒介として父系氏族集団の結合を強化⇒「家」観念や規範に収束したことが、父系観念の強化に繋がっている。


★自然の摂理に従えば、人類社会の再生には、母系本源集団の再生は不可欠。東洋人は、西洋人にはない集団性・本源)を有している一方で、この強い父系観念はひとつのネックになるかもしれない?


※日本はどうか?
中世までは、武家を除いて基本的に母系集団の色彩を強く残していたが、江戸時代の儒教教育および明治時代の天皇制以降、父系観念は強化されてきた。儒教の本場中国、韓国比べれば、父系観念は強くないと言えるが・・・
 
  List
  この記事は 141744 ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_141898
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
216964 日本は1898年(明治31年)までは「夫婦別姓」だった 猛獣王S 09/10/11 AM08
144308 現代日本は「双系」社会? HAYABUSA 07/02/07 PM05
143331 日本における父系観念の強さ 2U 07/01/26 AM02
王の神格化も段階がある? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 07/01/13 AM09
142142 石原慎太郎の“ズレ”は父系社会の限界を暗示している? 火中の栗 07/01/12 PM09
「父系か?母系か?」国際結婚〜子供の国籍から 「共同体社会と人類婚姻史」 07/01/11 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp