原始共同体社会
14153 共時一体感覚にささえられる文字による共認 2
 
本田真吾 HP ( 44 香川 建築家 ) 01/10/21 AM02 【印刷用へ
そこで、文字のなかった時代の言葉だけの共認状況を調べてみました。アメリカインディアンの口承史(一万年間)には、文字のない時代に、彼らが乗り越えてきた様々な外圧とそのとき獲得した知恵を次世代に伝えるために、毎日車座になって話し合うのです。

それは、今で言う歴史の伝承にみられる、現象を記憶にとどめるだけの行為とは大きく異なり、その体験の辛さ、みんなで乗り越えたときの充足感などが、非経験者も追体験できるくらいの交歓の場であったようです。その様子は下記のようであり、

『そこで、一族の中には、苦労のすえに学んだ知恵をうかつに失うことは、二度とすまいという、大きな決意が生まれた。彼らは互いに歌いかけた。われらが思いと呼ぶ(ところの)心の模様のこと、また〈火を囲む輪〉に集まるたびに、それらの(心の)模様が新しく織り直されるかもしれないことを。

「一万年の旅路」より引用』

お互いの心が共感するまで、何度も何度も歌を歌い続けていました。そして、歌とはリズムのついた語りで、体験者みんなが共感できるまで推敲されていました。心の模様とは、言葉以前にそれぞれが感じた、対象に対する認識で、これを互いに確認するために言葉を補足的に使っていたようです。そして、その語りは、毎日長時間にわたり行なわれ、そのこと自体が集団の共認を高める最大手段になっていました

>そこで発揮される対象把握能力が言語で説明できるレベルを超えたものだ(つまり言語自体が限界を持っている)と考えれば、それが単なる擬似感覚ではなく、後から科学的に検証しても正しいことが多いというシャーマニズムの不思議さも理解できるように思います。(13951 田中素さん )

という田中さんの意見にもあるように、集団の統合者であるシャーマンも上記の言葉以前の集団一体感覚を利用して共認形成を図っていたのではないかと考えています。そして、そのような一体感覚は時間を共有することで達成させるということも、重要な条件ではないかと思っています。

この二つの要素『一体感覚』と『共時性』は、現代社会の共認に最もかけているものだと思います。文字による共認の効果を最大限引き出すためにも、それを支える共時的一体感覚の再生法を考えていく必要があると思っています。

 
  List
  この記事は 14152 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_14153
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
351288 おたがいに車座になって大地に座る、そして無言で待つ 竹村誠一 19/11/22 PM08
234561 場が共時一体感覚を再生する ジャック&ローズ 10/07/12 PM05
232419 これからの文字の可能性☆ 安部真未 10/05/29 PM08
14698 RE:共時一体感覚にささえられる文字による共認 三宅秀和 01/10/27 AM01
14154 ネットでの潜在思念共認 宮川悠子 01/10/21 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp