私権社会の婚姻制
14112 セックスが「罪深くいやらしいこと」であるから、「処女性」が尊重される
 
岩井裕介 ( 29 山口 再開発プランナー ) 01/10/20 PM10 【印刷用へ
織田信長の知遇を得ていたイエズス会の宣教師L.フロイスの『ヨーロッパ文化と日本文化』のなかに、
「ヨーロッパでは未婚の女の最高の栄誉と貴さは貞操であり、またその純潔が犯されない貞潔さである。日本の女は処女の純潔を少しも重んじない。それを欠いていても名誉も失わなければ結婚もできる」
「ヨーロッパでは娘や処女を閉じ込めておくことはきわめて大事なことで、厳格に行われる。日本では娘たちは両親にことわりもしないで一日でも幾日でも一人で好きな所へでかける」
「ヨーロッパでは妻は夫の許可がなくては家から外へ出ない。日本の女は夫に知らせず好きな所にゆく自由をもっている」
などの記述が見られるが、戦国時代だけでなく、はるか奈良平安の昔から明治の初期に至るまで、日本人は性に関してかなりおおらかだったらしい。処女などは尊重されないばかりか、「男とまだ性交をしたことがない」という意味での「処女」という概念そのものがなかったらしい。

(「処女」という言葉はもともと、ところ定めず旅をしている遊女ではなく、親の「処」など、一定のところにいる「女」という意味であって、性交経験の有無は関係なかったとのことである。しかし、「処女」のほかに、性交経験のない女を意味する「未通女」や「生娘」という言葉があるが、これら言葉はいつできたのであろうか。もし江戸時代にこれらの言葉がすでにあったとすれば、戦国時代のキリシタンの影響で、江戸時代には上層階級の一部に処女に価値をおく文化が入っていたとも考えられる。)

確かに、江戸時代に「貞女は二夫にまみえず」などという観念はあったが、それは上層武士階級の一部のことであって、それもタテマエに過ぎなかった疑いが濃い。言うまでもなく、一般庶民においては、夜這いの慣習が示しているように、男の子も女の子も、思春期に入るか入らないかぐらいから、かなり自由に性交していたし、離婚などもありふれたことで、離婚した女が再婚先に困ることはなかったし、貞操観念はかなりゆるやかで、今で言う不倫もそれほど咎められることではなかったらしい。

要するに、性交が罪深いいやらしいことであれば、論理的に言って、性交した者は穢れた者となるわけだから、処女の純潔が重んじられず、処女を失っても何の差し障りもなかったのは、近代以前の日本では性交が罪深いいやらしいことではなかったからである。

参考:「性的唯幻論序説」岸田秀

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教には共通して、「性嫌悪」(セックスは本質的には罪、いやらしいこと、災いのもとであるという観念)と、「処女」「純潔」に対する異常な執着の観念がセットされている。これは想像だが、処女性を重んじる文化というよりは、大陸において過去に繰り返されてきた、女をめぐる血みどろの争いから学んだ彼らなりの知恵のようなものではないだろうか。

 
  List
  この記事は 14081 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_14112
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
性って一体なんだろう? 「女の職場話」 09/03/15 AM02
婚姻史シリーズ(23)〜処女規範〜 「感謝の心を育むには」 09/03/05 AM10
美女動画・画像発掘! アラブ人の若者はお尻で処女を守る 「世界の美女コンテスト ワールドワイドらぶ」 09/03/05 AM09
108547 西洋の「性嫌悪」と性闘争 岡本誠 06/04/05 AM00
95970 一夫多妻制と性に対する肯定視 東努 05/08/13 PM10
95963 婚姻史の事実が私婚制度のおかしさを教えてくれる 新川啓一 05/08/13 PM09
87519 「性嫌悪」も集団課題発、だけど… 中野恵 05/03/17 PM10
86849 ”古来から日本人女性はおしとやかで操を守って・・”!? 山田純子 05/03/06 AM00
86830 性の乱れ? 西知子 05/03/05 PM10
84505 「処女性」は女性発の価値観念? 平川要 05/01/23 PM11
83892 キリスト教の「性嫌悪」について 田中修 05/01/11 PM10
83397 神様は人間を闘争に向かわせるためにセックスを「罪深くいやらしいこと」にした。 東努 04/12/30 PM10
14163 女神の存在する社会 淀川拓郎 01/10/21 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp