恋愛って、何?結婚って、何?
14081 処女性と性機能
 
高樋昇 ( 60歳代 東京 デザイナー ) 01/10/20 AM04 【印刷用へ
このコーナーで、処女性が議論されるなんて思ってもいませんでした。
でも、ちゃんと議論しておくべきテーマなのかもしれません。

いつの統計だったか忘れましたが、ある統計では
相手が処女かどうかは問題にしない男性は 75%
処女性を重視する男性が 25%、
一方、
遊びではこだわらないけど、結婚相手だとこだわるという数字が 75%

この結果から考えると、潜在意識の中でこだわっている男性を含めて、80%の男性は、処女性にこだわるということになります。しかも、絶対に処女であっては困るという数字はないので、残りの20%も怪しいものです。

日本の男性は、何故、処女性にこだわるのか、それは、長い男性支配の歴史によるものだと思います。いくら性解放がなされたといっても、長い歴史によって作り上げられてしまった、精神構造(特に潜在意識)と、それによって、自動的に発生する機能抑制機構まで変化させることはできなかったのです。突然の性解放によって、男性の性機能は崩壊してしまったのです。そういう状況での性行為によって、女性の性機能を改善することは不可能なのです。そこから<性充足>を得ることはできません。そう考えれば、処女性は、捨ててしまうほど無価値なものではないということになります。

これは、男性を責めることによって解決できる問題ではありません。機能低下した精神と肉体の「構造改革」が必要なのです。処女でなければ勿論のこと、例え相手が処女であったとしても、もしかしたらという疑心暗鬼が発生した途端に、性機能は自動的にダウンしてしまうのですから、始末におえません。潜在意識の構造改革には、前にどこかで発言しましたが、意識と潜在意識の同化訓練をする必要があります。それと併せて、肉体的な機能改善も実施する必要があるでしょう。本当の充足を得られるようになれば、こんな問題は、取るに足りないことと無視できるようになるはずなのです。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_14081
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
14145 処女観、初交観 阿部和雄 01/10/21 AM00
14113 セックスが「商品」であるから、「処女性」が尊重される 岩井裕介 01/10/20 PM10
14112 セックスが「罪深くいやらしいこと」であるから、「処女性」が尊重される 岩井裕介 01/10/20 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp