古代社会
138379 最古の法典、シュメールの「ウル・ナンム法典」−2:婚姻・奴隷関係
 
熊谷順治 ( 40 大阪 企画 ) 06/11/24 PM09 【印刷用へ
処女の特別視、妻の不倫のタブー(死罪)、高額な離婚賠償金(婚資と同額=年収の3倍!)などが読み取れる。性的商品価値の高まりとそれに呼応して強化された男の独占欲が見て取れる。

【奴隷の結婚1】
第4条:もし男奴隷が気に入った女奴隷を娶ったならば、そして(その後に)男奴隷が自由を与えられるとしても、彼(あるいは彼女)は(主人の)家から去るべきではない。

【奴隷の結婚2】
第5条:もし男奴隷が自由民(の女性)を娶ったならば、彼は息子の一人を彼の主人に奉仕させるべきである。その子が主人に奉仕する代わりに、父の家の財産の半分を「父の家」の壁から分けたとき、その自由民の子は主人によって所有されてはならないし、奴隷身分を強要してはならない。

【処女の暴行】
第6条:もし人がある若い男性の(床入りを済ませていない)処女である妻を、暴力に及んで犯したならば、その男性は殺されなければならない。

【妻の不倫】
第7条:もし男の妻が自分の意思でほかの男性にしたがい、彼と性的関係を結んだならば、その女性を殺し、(相手の)男性は解放されるべきである。

【奴隷の強姦】
第8条:もし人が他人の(床入りを済ませていない)処女である奴隷身分の妻を暴力に及んで犯したならば、銀5ギン(≒5シェケル)を支払うべきである。

【離婚1】
第9条:もし人が彼と対等(の身分?)の妻を離婚するならば、彼は銀1マナを支払うべきである。
(投稿者注:「対等の妻」ではなく、海外サイトではprimary wifeやfirst-time wifeの訳があり「第一夫人」あるいは後段に未亡人の規定があるので「初婚の妻」ではないか)

【離婚2】
第10条:もし人が未亡人(であった再婚の妻)を離婚するならば、彼は銀2分の1マナを支払うべきである。

【離婚3】
第11条:もし人が正式な書かれた契約書なしに未亡人と性的関係を結んだならば、彼は(離婚に際して)銀を支払う必要はない。

第12条(欠損)

【神明裁判1】
第13条

【神明裁判2】
第14条:もし人がある男の妻を乱交の故に訴え、河の審判が彼女への疑いを晴らしたならば、彼女を訴えた男は銀3ギンを支払わなければならない。(※「河の審判」とは、河に飛び込ませ、無事戻れば無罪とする裁判制度)

【仮結婚の解消】
第15条

第16条(欠損)

【逃亡奴隷】
第17条

【女奴隷1】
第24条:もしある男の女奴隷が自分と女主人を比較して、失礼なことを言ったら、彼女の口は1クオートの塩によって洗い流されるものとする。

【女奴隷2・3】
第25条・第26条

条文の「人」とは「人」を意味するシュメル語のルの訳語であり、具体的には、「自由身分の男性」を指すと考えられている。
1ギンは約8.3グラム、1マナは約500グラム

参考文献
小林登志子著「シュメル−人類最古の文明」
「歴史とともにまなぶ法学入門」 リンク
Ancient Law Codes リンク
LAW IN THE ANCIENT WORLD リンク
 
  List
  この記事は 138378 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_138379
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
なんで屋劇場レポート3「力による制圧が成されると、どーなる?〜婚姻制〜」 「ブログ de なんで屋 @東京」 06/11/30 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp