古代社会
138378 最古の法典、シュメールの「ウル・ナンム法典」−1:殺人・傷害
 
熊谷順治 ( 40 大阪 企画 ) 06/11/24 PM09 【印刷用へ
ウルナンム法典(約4100年前)は、ハムラビ法典より300年ほど古く、最古の法典とされている。この法典は、アッカド支配後の新シュメール(ウル第三王朝)時代に制定されたものであり、ハムラビ法典が「同害復讐法」であるのに対して「賠償」に重きを置いている点で、シュメールの社会制度を伝えている。なお、文はシュメール語で書かれている。法典の刻まれた粘土板は⇒ リンク

各条文の「人」とは「人」を意味するシュメル語のルの訳語であり、具体的には、「自由身分の男性」を指すと考えられている。

文献にて見つからない部分は項目のみで条文は空欄としている。

【殺人】
第1条:もし人がほかの人の頭に武器を打ち下ろしたならば、その人は殺されなければならない。

【暴行】
第2条:もし人が強盗を働いたならば、殺されるべきである。

【不法拘束】
第3条

・・・

【傷害1】
第18条:もし[人が…でほかの人]の足を傷つけたならば、彼は銀10ギンを支払うべきである。

【傷害2】
第19条:もし人が棍棒でほかの人の[…]骨を砕いたならば、彼は銀1マナを支払うべきである。

【傷害3】
第20条:もし人が…でほかの人の鼻を傷つけたならば、彼は銀3分の2マナを支払うべきである。

【傷害4】
第21条:もし[人が…]で[ほかの人の…]を傷つけたならば、彼は銀…マナを支払うべきである。

【傷害5】
第22条:もし[人が…]で[ほかの人の]歯を叩いたならば、彼は銀2ギンを支払うべきである。

第23条(欠損)

第27条(欠損)

【偽証1】
第28条:男が(訴訟における)目撃者として現れて、偽証者であることがわかったならば、彼は銀15シェケルを支払わなければならない。

【偽証2】
第29条

【農夫、小作人の責任】
第30条〜32条(他人の畑を水浸しにした場合の賠償について等)

[ ]は欠損箇所で、[ ]内の語は訳者が補っている。
1ギンは約8.3グラム、1マナは約500グラム

参考文献
小林登志子著「シュメル−人類最古の文明」
歴史とともにまなぶ法学入門 リンク
Ancient Law Codes リンク
LAW IN THE ANCIENT WORLD リンク
 
  List
  この記事は 134913 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_138378
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
138379 最古の法典、シュメールの「ウル・ナンム法典」−2:婚姻・奴隷関係 熊谷順治 06/11/24 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp