これからの暮らしはどうなるの?
1371 消費社会と受動社会がつくり出す、矛盾と危険性
 
江岸元 ( 21 神奈川 学生 ) 01/03/14 PM05 【印刷用へ
 実現論の第3部:滅亡の「観念機能、作動せず。」=思考停止を読み、ふと思いついたモノがある。ディズニーランドである。この代物は、実に様々な趣向が凝らされているのだが、訪問者自身のアトラクションへの参加方法は、驚くべき程ワンパターンなのである。訪問者自身は、アトラクションが用意された空間へ入ったら最後、自分の足で歩く事さえしない、また手を使って何か操作する事も無い。ただただ用意された乗り物に乗って、その空間を移動し、アトラクションの発する音響的・視覚的刺激をひたすら感受するだけなのである。要するに、人間が持つ能動的能力は、一切求められていない。争いも冒険も全て目の前で演じられているにすぎない。それを傍観者として目と耳で感じ取る事だけを求められるのだ。

 私はここをつい最近訪れ背筋に戦慄が走った。それはこのディズニーランドの恐ろしい風景が、他でもない今現在我々が生きる21世紀前より続く消費社会の縮図である事に思い至ったからだ。これの故郷が消費文明先進国アメリカ合衆国である事は偶然ではないだろう。
 あらゆる物事を商品化して売買の対象としていく。それが資本主義社会の仕組みの基礎になっている。だからそれまでの売買の対象外にあったモノも、次々に商品になってきた。最初のうちはまだ良かった。でもそのうち、商品になるモノが見当たらなくなってきた。それでも消費文明という怪物は満足しない。いくら食べても飢えと渇きに苦しむ餓鬼と化した亡者みたいなものである。まだ金儲けの余地は無いか、どこか見逃しているモノは無いかと虎視眈々と次の獲物を狙う。そこで目をつけられたのが人間の能動的能力である。新商品の開発は、これを限りなく削いでいく方向で進んでいる。

 家事労働は電化製品にとって変わられ、紅茶やコーヒーを入れる手間は缶紅茶・缶コーヒーに転嫁され、身体を遊ばす遊びは、ボタン操作一つで勝手に登場人物が暴れ回ってくれるテレビゲームに駆逐されつつある。(この事実は、あまり子供達にとって良くない事だと思う。)そして、人間に要求される唯一の能動的行為は、お金を払うという営み、あとは限りなく受身になっていく事だけである。見る・聞く・食べるという具合に。では、金を稼ぐ営みの方はというとこちらも省力化と自動化が進行し(株式の世界など)、人間の能力は機械やシステムの部品と化してきている。

 というわけで、消費文明に侵食されている度合いの強い先進国ほど、人々は肉体を動かす機会をどんどん奪われていく、そしてそれと同時にモノについて考えるという力が弱くなっていってしまうのではないだろうか。また一方で、消費に繋がる食物摂取については、メディアを通じて食べろ食べろとの大合唱であるから、当然の帰結として肥満という問題が実に多くの人々に生じる。
 そして、この肥満のもとの解決という名目のもとに、新たな商品が次々と生み出されるのである。運動不足解消などと思っても今ではなかなか無料という訳には行かない(笑)というような、矛盾と皮肉に満ちた世界がこの現代に確実に存在している。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1371
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
「コモンズ(共有財産)」のことごとくを商品化し、収奪構造を創り出す連中 「にほん民族解放戦線^o^」 12/10/31 PM09
105696 セキュリティ業界の存在って? 蝦夷穴 06/02/14 PM01
93108 要求主義の需要から潜在的な需要の供給者を育てていく 山上勝義 05/06/21 PM10
4201 ディズニーランドには行かない(2) 山澤貴志 01/05/17 AM00
4200 ディズニーランドには行かない(1) 山澤貴志 01/05/17 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp