私権社会の婚姻制
135161 現代の母系社会〜ミナンカバウ人の社会より
 
田野健 HP ( 46 兵庫 設計業 ) 06/10/22 PM05 【印刷用へ
インドネシアの西スマトラ山岳部のミナン地方という処に現在でもまだ母系社会を継続させているミナンカバウ人という部族がある。19世紀にイギリス人によって発見された時点では完全な母系社会を維持しており過密な人口と広域の農耕地帯を有していた。
以下その部族の特徴と社会形態を表わした記述が有るので残存する母系社会の一例として紹介したい。リンク
_____________________________________________________________

ミナンカバウ人は母系社会という世界でも特異な社会形態で知られている。母系社会の基本は氏族の系譜を母である女性を通して辿ることである。母系社会では氏族の共有財産は女が引き継ぐ。田畑、家屋の財産は母から娘に相続さる。牛の形をした民族色豊かなルマ・ガダンという伝統家屋も母から娘へ代々引き継がれる。
夫である男(スマンド)には相続権は一切なく、男自身の財産も姉妹の娘に相続される。男が氏族の財産に対して行うことは姉妹に代り財産の管理を行うことである。ミナンの諺では「スマンドは水牛の尾にとまっている虻か、切株の上の灰のようなもの」といわれる。

結婚は妻問婚が原則である。妻問婚とは夜だけ妻の所へ訪れるもので昼は別の所で生活する。伝統家屋には娘の部屋はあるが、成人の男子の居場所はない。成人になった男は昼は生家の田畑で働き、夜はアダット・ハウスという集会場かモスクにたむろする。結婚した男は、夜、寝るためにだけ妻の家に通う。

家を取り仕切る必要な男手は夫ではなくて妻の兄弟である。男は自分の子供ではなく、姉妹の子供の扶養義務がある。子供にとって母の兄弟である伯父ママックは父よりと親しい関係になる。これが母系社会の仕組みである。

母系社会とは男が虐待された社会のように見える。しかし母系社会は女権社会ではない。長老、大家族長、スク(氏族)の長の政治権力は男性にある。政治権力を有する男性は家長である女性の兄弟である。いわば政治は男、経済は女の分業体制である。繰り返すと男は財産の管理者であるが、所有者にはなれない。

結婚についても例えばコタ・ガダン出身の女性はコタ・ガダンの男性としか結婚できない。これに対して男性にはそのような制約はない。財産を相続できない男はその替わり自由である。
財産を相続する女に個人的な自由はない。

ミナンカバウの母系社会とはいわば女性は田畑や家屋という財産に縛り付けられていることである。母系社会のこれらの実態はむしろ女性差別でないかと教育を受けたミナン人の女性が伝統社会に呪縛されることの不条理を訴えている。
しかしながら近代社会の発展によりミナン人が異郷に家庭を持つようになった。異郷ではスマンドの存在が大きくなり、1974年の婚姻法の影響もあり、異郷のミナン人の母系社会は崩壊しつつある。

最後に母親を軽んじるとどんなことになるかというミナンカバウの民話を記しておく。マリン・クンダンは故郷を離れて異国の地で金持ちの娘と結婚する。帰郷した際に母親があまりにみすぼらしかったため知らないふりをした。母親に呪いをかけられマリン・クンダンは石になった。ミナンカバウ人の諺によれば「天国は母の足の裏にある」そうだ。
_____________________________________________________________
・夫である男には相続権は一切ない
・母系社会は女権社会ではない〜
 長老、大家族長、スク(氏族)の長の政治権力は男性にある。
・男は財産の管理者であるが、所有者にはなれない。
・財産を相続する女に個人的な自由はない。
・ミナンカバウ人の諺によれば「天国は母の足の裏にある」

この記事を読むと母系社会というものがどのようなシステムで動いているかよくわかる。そして崩壊しつつあるミナンの人も母系社会の中心規範(=鉄則)だけは現在でも確実に受け継がれているようである。
 
 
  この記事は 130834 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_135161
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
142551 ミナンカバウ人と「アダット」 峯川満章 07/01/17 AM08
142543 ミナンバカウ族の母系社会とは、優秀なオスを選択するシステム 新井弘 07/01/17 AM02
インドネシア、ミナンカバウ族の社会 「共同体社会と人類婚姻史」 07/01/16 PM09
「摩梭人走婚」(モソ人の妻問い婚) 5 「共同体社会と人類婚姻史」 06/10/30 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(1)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(2)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(3)
追求のススメ1.未知なる世界への収束と追求(4)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
追求のススメ3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
追求のススメ3.追求力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、41年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp