共同体社会の実現
135052 『集団』や『脱集団』では社会は統合できない
 
オロチョン 06/10/21 PM05 【印刷用へ
>それに、全員の社会を、特定の思想に固まった集団が動かすというのは、大きな間違いである。万人の属する社会を導くことができるのは、万人が認める事のできる事実に基づく理論体系(=科学)だけであって、特定の思想などに社会を統合する資格はない。これが社会統合組織の、もう一つの条件である。(実現論9_7_04)

『右』や『左』といった特定の思想に固まった集団は、その特定の思想に基づいて全ての問題を判断することとなる。
だから、それとは違う集団は相容れない→排除や弾圧、洗脳へと向かう=ファシズム。
そのような状態では当然、社会統合はできない。

>即ち、金儲け主義者であれ、共産主義者であれ、あるいは全くのミーハーであれ、いかなる思想の持主であっても、そんな事は全く自由であること。また、企業であれ、市民集団であれ、宗教集団であれ、他のいかなる集団に属していようが全く自由であること。(実現論9_7_04)

社会が統合されるって、みんなが今までの既存の集団を脱して、社会に収束することだと思ってた。
でも、どこに属していようがそれは自由。また、人類の歴史を振り返れば、本源集団に始まり、何らかの集団に属してきた。そこに属したまま(専業を担いつつ)、社会統合という集団を越えたものを担うから、半専任(副業)となる。
むしろ脱集団して社会統合をしようとしたら、それは専任化(=官僚化)してしまう。

集団で統合するのでもない。
脱集団して専任で担うものでもない。
社会統合は万人が半専任として担ってこそ、実現できるものなんだ!!
 
  List
  この記事は 133075 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_135052
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
137514 可能性は開かれた!! 匿名希望 06/11/15 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp