日本を守るのに、右も左もない
135051 私権観念って、とことんモノを考えさせなくする。
 
長谷暢二 HP ( 39 山口 農業 ) 06/10/21 PM04 【印刷用へ
>そして、私権圧力の衰弱と、残存する私権観念による社会捨象・思想捨象→衰弱する外向欠乏によって、不全捨象の充足基調⇒本源収束の潮流が形成される。<
(24980)

 私権観念(自分だけetc.)って、私権圧力が強かった時代には、その時代を生き残っていく上で、良い悪いは別にして不可欠な観念でした。
 そして、それに基づく私権闘争の覇者が社会を統合する(支配する)という仕組みが成り立っていた。個々が社会のことなんか考えなくても事足りていました。

 でも、その私権が崩壊した今、誰もが社会のことを考えられるようになったし、考える必要が出てきた。にも関わらず、土台を失った私権観念だけが、生き残って、現代人にモノ(社会について)を考えなくさせている。

 現在、社会へ向けて意識が収束し始めていても、遅々として状況が良くなっていかない原因の1つが、この私権時代の亡霊たる私権観念ではないでしょうか。

 そして、壁(答えが見つからない)にぶつかる度に、私権観念がとことんモノを考えさせなくさせ、社会捨象、不全捨象に引き戻す引力となっている。

 新たに、可能性ある社会を築いていくためには、この私権観念を徹底的に解体無効化することが不可欠ではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 24980 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_135051
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp