アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
134224 北朝鮮の核実験はアメリカ主導の疑いが濃厚
 
匿名希望 06/10/14 AM11 【印刷用へ
今回の北朝鮮の核実験のタイミングはどうも怪しい。アメリカの臭いがすると思ったら、北朝鮮の核開発にアメリカのラムズフェルドと安倍晋三が協力しているという記事(リンク)を見つけました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
朝鮮の核施設開発への技術提供をしたのはスイスに存在する、核施設開発企業ABB.ltd.

ブッシュ政権の軍産部門担当、ラムズフェルド長官は2000年からこの核施設開発企業の役員だったことが暴露されている

同時にラムズフェルド氏は1998年、米連邦議会の嘱託による超党派の「弾道ミサイル脅威評価委員会」(ラムズフェルド委員会とも呼ばれる)で委員長を務め米国本土ミサイル防衛(NMD)の報告書を提出、

戦略ミサイル防衛構想を推進した安倍晋三は、このマッチポンプ商売(MDミサイル防衛)の日本側営業担当であった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ブッシュ政権の国防長官であるラムズフェルドが北朝鮮の核開発企業の役員として参入し、北朝鮮の脅威を焚き付けて戦略ミサイル防衛構想をまとめ、母国の軍事需要を作り出している。

またアメリカは北朝鮮の脅威を日本に焚き付け、安倍を通じてアメリカの武器を買わせようとしている。まさに自作自演、マッチポンプ商売である。

今回の北朝鮮の核実験もアメリカ主導である疑いが濃厚ではないか?
 
  List
  この記事は 134172 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_134224
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
142165 米の自作自演続報:チェイニー副大統領も・・・ 湖上の煙 07/01/12 PM11
136390 中国の軍事大国化もまたアメリカの手で育てられてきた 南風小僧☆ 06/11/03 PM09
カーライル、その海外企業買収の手口 「Trend Review」 06/10/26 PM09
国家ぐるみのインサイダー取引〜カーライルという投資会社 「Trend Review」 06/10/26 PM08
アメリカの謀略による日本の核武装化 「Trend Review」 06/10/24 PM08
新聞もテレビも真実を伝えない時代に・・・ 「なんで屋−驀進劇−」 06/10/20 AM01
日本の未来・・安倍晋三でいいの?2【外交戦略】 「Financial Journal」 06/10/19 AM02
134500 原油価格の上昇・下落も国際協調派の戦略?そして次は?(1) 匿名希望 06/10/16 PM06
北朝鮮の核実験はアメリカ主導の疑いが濃厚 「ブログ de なんで屋 @東京」 06/10/16 PM02
134387 核による主権争いは、核拡散の方向にしかならない。 たっぴ 06/10/15 PM05
戦後の闇勢力は現在でもなお世界を力の原理で統合しようとし続けている 「Trend Review」 06/10/15 PM01
134331 核開発をめぐる、北朝鮮とアメリカの駆け引きの歴史 1990年まで 小暮 勇午 06/10/15 AM01
北朝鮮への軽水炉の提供に米国務長官が絡んでいた?アジア分裂のためのネオコンのカードの一つが北朝鮮? 「路上日記@なんで屋」 06/10/14 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp