歴史
134201 未開民族にみる略奪婚の名残 1
 
山田真寛 ( 39 愛知 経理 ) 06/10/14 AM04 【印刷用へ
略奪闘争が勃発し、始まった略奪婚→「私有婚」はどのようなものだったのか。以下に、未開部族の略奪婚の名残の例を紹介します。すべて、『未開人のエロス』(白川竜彦著)からの引用です。

○キクユ族(ケニア中央部一帯)
結納の日から青年は、二人のスイートホームを作り、簡単な家財道具をそろえ、花嫁を迎える準備をすすめる。そして、やがて準備が整うと家族に頼んで花嫁略奪にかかる。
一方、娘のほうは内心では期待しながらも、畠で耕作したり、あるいは森で薪木を集めたり、毎日の仕事に精を出している。そこを襲った青年の家族たちは、そのまま娘をかつぎ上げ、さらっていくのである。
娘は大袈裟に抵抗し、大声で叫び喚き、対に号泣する。その叫び声は部落内は言うまでもなく、遠くジャングル内にいる人々の耳にまで達するが、人々は驚かない。どこかで結婚の儀式が行われているなと、と察するだけで、そのまま仕事を続ける。
また、たまには青年と娘の家族の女性たちの間で、激しいつかみあいのケンカが行われることもあるが、これはあくまで儀式的なもので、無事略奪が終ると、彼女たちは晴ればれとした表情で結婚の祝宴に参列する。
キユク族の略奪結婚も他の風習と同様、略奪とそれをめぐる花婿、花嫁両家の争いというのも、今日では形式的、儀式的なものとなっている。

○ケチュア族(南米)
ケチュア族の若い男女は、互いに気に入ると2人っきりで畠や山の中に出かける。これは、だいたい祭りや大きな催しの行われた後の場合が多いが、2人だけになったとたん、ものすごい取っ組み合いが始まる。蹴る、殴る、引っ掻く、押さえつける、はね返す。所狭しと激しい格闘が続き、ついに疲労しきった2人はじっと動かなくなる。ここから2人の性愛行為はスタートする。すさまじい格闘も2人にとっては、いわば、 前戯にも等しいのである。明らかに略奪婚的な要素も感じられるが、それが果たしてそのような理由によるものかは、今日もなお不明である。が、インカ帝国の建設が決して夢物語でないを如実に示すケチュア族の性行為である。

○コーイ族(インド)
コーイ族は、ゴダグリ地方の北部山地に生活しているが俗外婚ををとっており、娘の伯父が結婚の決定権を持っている。一般には従兄妹同士で結ばれることが多い。その結婚の方法は地方地方によって異なるが、若者は自分の選んだ娘が承知しないと、力づくで掠っていく。略奪婚である。また、彼らに多妻の習俗もある。未亡人などもまだ泪の乾かぬうちに奪われることも少なくない。
 
  List
  この記事は 133604 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_134201
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
134203 未開民族にみる略奪婚の名残 2 山田真寛 06/10/14 AM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp