アメリカ→官邸→マスコミによる支配
134145 海外メディア9/11陰謀説の数々1
 
狒狒 ( 46 ) 06/10/13 PM09 【印刷用へ
9/11陰謀説をかなりまとめて編集しているサイトを見つけました。その数々を抜粋版で並べてみます。

「ジャラス・ゲイ」さんリンクより
以下引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■アメリカを攻撃したのは誰か?  デイヴィッド・スターン

スターン・インテル(カナダ):米国軍事情報筋は、イスラエルの諜報機関モサドが世界貿易センターとペンタゴンの攻撃に関与していたことを示す内部諜報メモの詳細を明らかにした。その情報筋は、名前を明かさないことを条件に、(事件の)4週間前に米国情報当局内部で回覧されていたメモの存在を認めた。

■「敵はごく身近にいる」   ジョン・クイン

空軍の情報提供者は、火曜日の朝10時頃、上官によって戦時編成を指示されたと我々に語った。

あのショー全体をそのとおりに実行したある特定の(少し間を置いて)グループが我々の連邦政府部内に存在する。
私が言ってるのは、連邦政府からTVまで、その中にいるそれらのグループが、何から何までその行為にすっかり加担していたということだ。

■「ホームラン」─電子的ハイジャック   ジョー・ヴァイアルズ

「ホームラン」(正式のコードネームではない)は、目標の航空機上のコックピット内での会話を地上の専門的コントローラーが聞き、それから遠隔的な手段で、機のコンピュータ化されたフライト制御システムを完全に奪取することができるものである。

■で、飛行機はどこ?   ジェフ・メトカーフ

一体どうすれば、ほぼ100トンの重量のあるボーイング757-200が最低速度時速400kmで巡航し、ただペンタゴンの外部だけダメージを与えることができるのだろう?

残骸はどこ? いかなる残骸もない。残骸のすべてがコンタクトで砕けたのか?

■9-11大反逆罪   ブライアン・クイグ

テロ首謀者のパイロットとされる、モハメッド・アッタのパスポートが、世界貿易センターから2ブロックはなれた60センチの瓦礫の中から発見されたと聞いたときは、だれがそんなこと信じるかい、と思った。それに、アッタがその自殺飛行に持って行くはずだったバッグが、何の偶然か飛行機に乗らず忘れられていたなんて我々が信じると思っているのか。そのうえに、バッグには自殺メモが入っていて、ビンラディンの告白テープがそこに残されていたなんて! 

■見逃されていた911の驚くべき証拠   レオナルド・スペンサー

最初に11便が突入した映像は、消防士を取材していたナウデ兄弟のカメラマンが撮影したものが有名だが、この突入の1秒前かそこらにはブッシュの徒党には辛いものが写っている。彼らにしてみればこれはプロのカメラマンには撮影してほしくはなかっただろう。この北タワー突入の直前には、この飛行機が閃光を発射している。しかもコマ送りで見るとこの飛行機は大きさや形から、ボーイングの旅客機には見えない。翼にエンジンが付いていないように見える。

■“ブッシュ軍事政権”の911共謀   サンダー・カトワラ

ビダル(77歳)と、国際的に有名な彼の受賞小説と演劇は、ブッシュ政権の批判を浴びて、しばしば村八分にされ、国内でも海外でも、長い間ひどい目にあってきている。彼は今イタリアに住んでいる。ビダルのもっとも最近の本『ラストエンペラー(最後の帝国)』で、彼はこう主張している。「アメリカ人は政府の不正行為の大きさを全く知らないのだ。…1947年以来、正当な理由がないのに他国に対して我々が行った軍事攻撃の数は250回以上である。」

■スタンリー・ヒルトンに聞く Vol.1  アレックス・ジョーンズ

SH : 去る5月にブッシュ政権を訴えました。彼らが彼らの野望のために9.11を起こしたというものです。進んではいますが、政府から大変な圧力を受けています。彼らは証拠を提出しようとしません。

■この戦争の行く末はどうなるのか?   ジョン・ラッポポート

Q:ちょっと不思議に思うんですが、911以来、ロックフェラーは自分のタワーが壊されたというのに、これについて何も発言していませんよね。

A:そうですね。ご存知のとおり、あのツイン・タワーはロックフェラー兄弟にちなんでネルソンとデビッドというあだ名が付けられていました。あのタワーはデビッドの夢だったんですね。建設については発起人だったわけです。あなたのおっしゃるように、彼がアメリカの弱体化を計画し、グローバリストのアジェンダを強化するために進んで犠牲を捧げたというのは、なにか響くものがありますよね。
 
  List
  この記事は 133002 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_134145
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
134146 海外メディア9/11陰謀説の数々2 狒狒 06/10/13 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp