現代意識潮流を探る
133921 「カリスマ○○○」の衰退
 
是永恒久 ( 38 東京 技術者 ) 06/10/11 PM11 【印刷用へ
>その人の言葉ではなく、行間にある潜在思念(その人が何を感じ、何をしているか、あるいは熱意や自信や感性、一言で云えば“輝き”)に注目している。<(25431)

これって、今も時々表現される【カリスマ○○○】ともてはやされたのがその社会現象としての表れでしょう。「カリスマ」という言葉が、芸能人やある特定の職業において特別な人気や知名度を誇る人物に、気軽に用いられるようになった。例えば、カリスマ主婦、カリスマ美容師、カリスマ店員、カリスマホスト、カリスマモデル、カリスマ教師などがその代表例。その時代において輝きを放っていた。その他にもネットアイドルというのも作り上げられたものであった。

>しかし、それは云わば原猿と同じで、答えが見付からないので、人に収束しているだけである。実際、現在のつながり・広がりには、成すべき課題がなく(あるいは誤ったチンケな課題しかなく)、無為徒集に近い状態にある。<(25433)

だから、今では、そのような言葉を聞かなくなったし、興味も持たれなくなったのだと思う。(未だにそのような存在を無理に作り出そうと懸命になっているのはマスコミぐらいか?)そう、つまりこのような仲間は単に解脱仲間に過ぎないから面白くないし、続かないし、新たな対象が必要となる。もう、そのようなことに意味がないと十分感じているのだとおもう。

>これを突破するのが新パラダイムに基づく新しい認識であり、新しい認識こそが、従来の親和や解脱に代って人と人とを繋ぐ真の紐帯となる。<(25433)

なんで屋に来る若者たちも以前と変わったように思う。世の中のなんでを自分なりに考えているような若者を多く目にするようになった気がします。そしてなんで屋カードの絵や言葉だけの反応でなく、言葉の意味、なんで屋という事業について聞かれることが多くなった。そして、どこでこのような勉強が出来るのかと...
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_133921
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
134970 デートの話題は社会問題。 匿名希望 06/10/21 AM00
これってホメことば? 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/10/19 AM02
134247 脱カリスマは当事者意識の表れ 匿名希望 06/10/14 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp