試験・身分制度の根深い害
133120 勝ち組ほど、阿呆になる時代
 
縄文男児 ( 60代 大阪 経営 ) 06/10/04 PM10 【印刷用へ
>国を動かす仕事、それもかなり上の役職・・・・

彼ら統合階級は、素人でも分かるバブルを5年にわたって放置し(銀行トップに至っては土地漁りに狂奔し)、挙句の果てにバブルを崩壊させ、日本経済をどん底に突き落としてしまいました。
しかも、その渦中の株式戦争では日本勢は百戦百敗、巨額の利益を外資に持っていかれてしまいました。
政治家も、官僚も、財界トップも、そして学者も、マスコミ人も、無能の極みだったと見るべきでしょう。

さらに、今や国の借金は800兆に達し、環境破壊と精神破壊も進む一方なのに、彼らは未だに何の答えも出せずにいます。無駄メシ食いと言うしかありません。
彼らは、いったいどうなってしまったのでしょうか?いや、どうしたら、ここまで阿呆になれるのでしょうか?

それは、人類が、これまでに獲得してきた認識群ではどうにもならないような大転換期を迎えたからなのです。1970年ごろに貧困を克服した先進国は、過去3千年の人類史を覆すほどの大転換期を迎えました。それは一言で言えば、自分第一の社会から、みんなで作ってゆく社会への転換です。そこでは、自分第一の時代を導いてきた認識群はまったく役に立ちません。みんなの時代を導く新しい認識群(新理論)が必要になります。

しかし、彼ら国を動かす地位にある人たちは、旧認識を売り物にしてその地位を得ています。旧認識を捨てれば、たちまちその地位を失ってしまうので捨てることができません。
例えば、貧困を克服してしまった以上、市場は縮小してゆくしかありませんが、彼らは未だに市場拡大第一という古い観念にしがみついて莫大な財政投資をやり続けてきました。その結果が、借金800兆であり、止まることを知らない環境破壊であり、精神破壊なのです。
もはや、彼らには国を動かす資格はありません。これからの時代は、旧認識にしがみつく必要のない素人が、みんなで答えを考え、社会を変え、国を動かしてゆく時代です。このるいネットも、みんなで答えを追求し、社会を変えてゆく場のひとつなのだと、私は思います。
 
  List
  この記事は 132257 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_133120
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
地震・原発を契機に人々の意識はどう変わるか?【2】次々と明るみに出る特権階級の無能・暴走ぶり 「日本を守るのに右も左もない」 11/05/15 PM06
214882 自民党の末路〜勝ち組ほど、阿呆になる時代〜 SE_Hacker 09/09/12 PM07
消費の場しか知らない子どもは必然的に「自己中」になる 「にほん民族解放戦線^o^」 09/08/01 AM06
205323 日本をダメにする官僚機構 井上宏 09/04/27 PM01
197261 東大生は「真面目で、新しい物にも関心を持たず、理解力と記憶力が いい」、だから成績が良かった人は30才までにつぶれてしまう。1/3 砺山帯河32 09/01/14 PM02
日本をガタガタにした「バブル経済」とその崩壊って何だったのか 「にほん民族解放戦線^o^」 08/10/15 PM01
アメリカから与えられた宿題の答案を作る日本の官僚たち 「日本を守るのに右も左もない」 08/03/23 AM00
消費の場しか知らない子どもは必然的に「自己中」になる 「にほん民族解放戦線^o^」 08/02/07 PM09
マハトマ・ガンディー、本当に惜しい人を亡くしました・・・OTL 「真実の探求」 07/12/16 AM05
166888 社会の監視圧力は日々高まっている!! 志水誠 07/12/11 PM09
金融資本による世論操作の歴史@ 「日本を守るのに右も左もない」 07/11/25 PM10
日本をガタガタにした「バブル経済」とその崩壊って何だったのか 「にほん民族解放戦線^o^」 07/07/22 AM00
NYダウ連日最高値!バブル経済の構造とその行方〜 「にほん民族解放戦線^o^」 07/07/19 PM07
155581 新理論 ひよこ 07/06/29 AM05
法が序列強化の規範である以上、序列に従う絶対ループに嵌る 「Trend Review」 06/12/21 PM10
137994 プロの創造限界 松井英仁 06/11/20 PM02
133770 国のトップから全く新しい認識が提示されない失望感 健太 06/10/10 PM05
133620 阿呆の集団にいると阿呆になる シルクロード 06/10/08 PM09
133616 阿呆には任せられない。 匿名希望 06/10/08 PM09
133322 素人が築く社会 匿名希望 06/10/06 PM02
133293 勝ち組といえば、堀江・村上も・・・・・ 匿名希望 06/10/06 AM07
「甦る昭和の妖怪」と「引き篭もり」 「なんで屋−驀進劇−」 06/10/05 PM01
「甦る昭和の妖怪」と「引き篭もり」 「なんで屋−驀進劇−」 06/10/05 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp