健康と食と医
133045 母乳ってすごい!粉ミルクってどうなん?
 
三輪歩未 ( 25 群馬 OL ) 06/10/04 AM08 【印刷用へ
最近の粉ミルクは、改良が重ねられ母乳に近い栄養素!なんて言われていますが、実際赤ちゃんにとってどうなんでしょう??
母乳と粉ミルクの違い等調べてみました。

●母乳は変化している!
分娩直後から4日までのものは、黄色味を帯びており粘性が高くタンパク質及びミネラルを豊富に含んでおり、初乳とよばれています。この初乳には免疫物質が多量に含まれています。(これは赤ちゃんにとっては必須!)
産後5日から2、3週間までのものは移行乳、そして2、3週間以降のものは成熟乳あるいは成乳と呼ばれ、初乳に比べて脂質、糖質含有量が高く(逆にタンパク質とミネラル含有は減少する)なり、この頃のエネルギー消費が盛んな赤ちゃんに対応できるような組成に変化し、母乳成分濃度もほぼ一定となります。

また、一回の授乳においても変化しています。
最初に出てくる母乳で脂質が少なくて水分量の多い、清澄で薄いものを前乳、つまり食事に例えるならば「前菜」のようなもの、次いで中間乳、そして脂質が多くなり濃い乳白色の後乳、食事でのメインディッシュに相当するものへと連続的に変化します。この変化を赤ちゃんは感じとって飲みすぎを防いでいるとのこと!

母乳って、赤ちゃんの成長に伴って変化しているのです!
これってすごいなあ〜。

一方、人工乳では、月齢4、5ヶ月までの乳児用の粉ミルクと、それ以降の離乳食と併用して用いられるフォローアップミルクの2つに大別されているだけ。
しかも粉ミルクの原料は牛乳なんです!大丈夫なのかな〜?(参照102095
そして、強化剤、調味料、乳化剤をはじめ、なんと40以上の添加物が使われているんです!
かなり衝撃の事実!

これでは、アトピーや喘息が増えるのも頷けます。
 
  List
  この記事は 86040 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_133045
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
335773 千島学説をベースにした加藤式がん治療法=粉ミルク療法 上前二郎 18/05/19 AM00
272542 「母乳で育てた母親は卵巣がんにかかるリスクを最大で91%も減らせると判明!」 斎藤幸雄 13/01/26 PM11
154128 お乳の不思議 匿名希望 07/06/11 PM09
137137 アレルギー増加は生き方に突きつけられた皆の課題 柳瀬尚弘 06/11/11 AM09
母乳もアレルゲン!? 「地球と気象・地震を考える」 06/10/30 PM08
133769 オキシトシンと母乳 HAYABUSA 06/10/10 PM05
母乳のパワー★ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/10/05 PM06
133081 母乳に感じる自然の摂理 春風 06/10/04 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp