アメリカ→官邸→マスコミによる支配
133002 9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論
 
匿名希望 ( おとこ ) 06/10/03 PM10 【印刷用へ
たしかに今やアメリカは、言論統制国家だ。言論統制がどんなに恐ろしい結果をもたらすか、ここに典型的な事例がある。
アメリカは、マスコミをはじめあらゆる言論統制の網を張りめぐらせた上で、「9・11テロはアルカイダの仕業」と断定し、「テロとの戦い」「大量破壊兵器の撤去」を大義名分に、アフガンとイラクを侵略した。

それから5年後、今やヨーロッパの過半の人(アメリカでも三分の一の人)が、9.11テロはアメリカの国家中枢と闇の勢力が仕組んだ自作自演の凶行だと考えるようになってきている。しかし、日本では、そのような報道はほとんど聞かれない。
実は、日本もアメリカの意を受けた官邸と電通によって、言論統制が急速に進んでおり、すでに反米的な言論人は完全にマスコミから締め出されてしまっている。マスコミが、小泉に続いてアメリカべったりの安倍という出来の悪い政治家を首相に祭り上げるために、どれだけ露骨で過剰な報道を繰り広げたかは、みんなが知ってる通り。

が、日本人は馬鹿じゃない。まして、世界世論は反米に収束してきており、イギリスのブレア首相(ブッシュの仲間)まで退陣に追い込まれて、アメリカは世界中から見放され、孤立しつつある。そんなアメリカに魂を売り渡し、未だにアメリカに媚へつらっているのは、今や小泉・安部一派と日本のマスコミだけ。
おそらく、来年の参院選挙で、国民の鉄槌が下されるだろう。
 
  List
  この記事は 132882 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_133002
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
204991 アメリカの戦争の歴史にみる「正当化観念」 孫市 09/04/23 PM00
171576 中国で開発中のインターネット監視システム「金盾」とは?(1) はにーはんたー 08/02/27 AM09
164877 「テロとの戦い」の欺瞞 dou 07/11/08 PM10
163236 歴史に残るアメリカ政府による自作自演事件の数々 猛獣王S 07/10/11 PM05
9.11の七回忌 「翻訳blog」 07/09/11 AM07
152586 アルカイダ、イラクを拠点に米攻撃を計画と機密情報公開 猛獣王S 07/05/25 PM04
911同時多発テロが自作自演の謀略であった間接的証拠か?!(BBCの問題映像) 「にほん民族解放戦線^o^」 07/03/02 PM05
134145 海外メディア9/11陰謀説の数々1 狒狒 06/10/13 PM09
133612 言論統制国家である事は共認原理に移行した現在においては致命的 匿名希望 06/10/08 PM08
アメリカ国民も9.11の真実に気づき始めた 「Trend Review」 06/10/07 PM11
133535 このままでは、かなりヤバイ。 酒井裕志 06/10/07 PM11
3.WTC崩落に関する米国標準技術研究所(NIST)の見解 1 「なんで屋−驀進劇−」 06/10/07 PM04
2.WTC崩落に関する米国標準技術研究所(NIST)の見解 1 「なんで屋−驀進劇−」 06/10/07 PM04
1.WTC崩落に関する米国標準技術研究所(NIST)の見解 1 「なんで屋−驀進劇−」 06/10/07 PM04
133453 日本とイギリスの違いってどうなん? 匿名希望 06/10/07 PM02
ブレア英首相退陣へ→日本はどうする? 「なんで屋−驀進劇−」 06/10/05 PM02
133162 日本のメディアによる報道内容は… オオサカケンタ 06/10/05 AM03
米主導の自己中的な利権争い 「なんで屋−驀進劇−」 06/10/03 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp