暴走する悪徳エリートの所業
132389 今や記者も単なる営業マン。だからマスコミ報道が劣化する
 
ブログ Trend Review 06/09/28 PM09 【印刷用へ
ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報(リンク)というブログの9/25の記事に「日本のマスコミ記者のやる仕事」というのがある。

 これを読むとマスコミ記者が一昔前の営業マン(サラリーマン)に成り下がり、かつその質は小学生のおつかいになってしまっている事が分かる。これでは本来の社会貢献という事実の追求からはとんと離れ、かつては情報を管理する立場=第一権力化していたものの、現在はむしろ情報に操られているor洗脳されているといった方が正しいだろう。
 

以下、引用する。
---------------
>私が考えたのは、日本のマスコミ報道が劣化しているということである。知られている通り、マスコミ記者は、記者クラブという警察や官庁内に設けられた部署に出勤し、官庁が提供する報道発表文を元に記事を肉付けして書く。基本的に素材は同じであるが、各社によって微妙な報道に差が出るのは、記者が聞き上手だったとかそういう理由なのである。

>そして、基本的に新聞記者は<警察発表は嘘をついていない>という線で取材を進める。新聞記者の仕事は朝、警察の副署長に挨拶するところから始まる。副署長を少しでもおだてて、他社よりも詳しいネタを聞きだすのが仕事である。たまに独自に取材することはあっても、取材源はほとんどの場合、警察の副署長が定時に発表するA4一枚の報道発表文である。この発表文には、「いつ、どこで、どこ署が、だれを逮捕した」とか「いつ、どこで、事故が起こった」ということだけが書かれている。これだけでは記事にならないので、記者は副署長に詳しい状況を聞きだすことになる。傷害や殺人などの大きい事件になると副署長の家などにも夜討ち朝駆けすることになる。この報道発表文というのは意図的に情報を記者から隠しているのではないかと思えるほど、穴埋めの必要がある文書だ。忠誠を誓った記者にだけ、詳しい情報を教えるようなのである。

>警察官が営業先とすれば、新聞記者は警察の発表情報をもらってくる営業マンだ。記者と警察官はこのような持ちつ持たれつの関係であり、時には警察官の権力を利用して、「スピード違反」程度の違反であればもみ消してもらうこともしょっちゅうである。
---------------


 一昔前の営業マンは、客先(定型顧客)のご機嫌を取り仕事を取ってくるという古い手法でも、客の懐に既に入った状態からは関係能力さえあれば、何も考えなくても金儲けだけはできた(※新たなビジネスの開拓は除く)。

 しかし、金儲けという皆の評価軸はもはや変わったと同様に、定型顧客という楽な課題も質を変えつつある。そして、そういう定型課題しかできない営業マンは淘汰される時代に入ったとも言える。すなはち古い手法では通用しない、事実の追求と思考の鍛錬が質の向上へと向かうのだと思う。

 マスコミ記者も既に営業マンである以上は、情報に操作(嘘やごまかし、不当な圧力等・・・)されて麻痺しているようでは質が低下していると言わざるを得ない。そしてそれはあろう事か庶民(みんな)への情報報告として伝達される事になる。的確な情報を得られないばかりか、皆に迷惑がかかる事を「マスコミ記者=古いサラリーマン根性の質の悪い営業マン」は理解して頂きたいものである。

『単なる営業マン(古いサラリーマン根性)だからマスコミ報道が劣化する』私はそう思う。
byすたっふ
続きはこちら
 
  List
  この記事は 126067 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_132389
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp