生物の起源と歴史
1321 哺乳類の性闘争本能
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/03/14 AM01 【印刷用へ
サル社会を解明する為には、サルに引き継がれた哺乳類の本能特性を、概略的にでも押さえておく必要があると、思われます。

哺乳類の最大の特徴は、胎内保育機能にあります。しかし、卵産動物が一般に大量の卵を産み、その大部分が成体になるまでに外敵に喰われることによって淘汰適応を実現しているのに対して、胎内保育と産後保育の哺乳類には、適者だけ生き残ることによって種としてより秀れた適応を実現してゆく淘汰適応の原理が働き難くなります。そこで、淘汰適応が成体後に引き延ばされ、成体の淘汰を激化する必要から、哺乳類は性闘争=縄張り闘争の本能を著しく強化してゆきました。実際、性闘争を強化した種の方が適応力が高くなるので、性闘争の弱い種は次第に駆逐されてゆきます。かくして哺乳類は、性闘争を極端に激化させた動物となっていきました。現哺乳類の祖先と考えられているモグラの場合、性闘争に敗け縄張りを確保できなかった個体(=大半の個体)は、エサを確保できずに死んでゆきます。

もちろん、性闘争=縄張り闘争の本能は、脊椎動物の前から殆どの動物に存在していますが、哺乳類は、この性闘争(=縄張り闘争)本能を淘汰適応の必要から極端に強化した動物だと云えます。その場合、種を存続させる為には、闘争存在たるオスがより闘争性を強めると共に、メスたちの外側で外敵に対応した方が有利です。従って、とりわけオスの性闘争(=縄張り闘争)本能が著しく強化されることになります。モグラの場合、メスも性闘争=縄張り闘争をしますが、オスの闘争はより過激で、その行動圏はメスの3倍に及びます。従って、概ね3匹のメスの縄張りを包摂する形で1匹のオスの縄張りが形成されます。これが、哺乳類に特徴的な首雄集中婚の原型です。

こうして、哺乳類のオス・メス関係を特徴づけるオスの性闘争の激しさと内雌外雄の摂理(本能)、および群れの全ての雌が首雄(勝者)に集中する首雄集中婚の婚姻様式(本能)が形成されました。このオスの性闘争の激しさと内雌外雄の摂理と集中婚は多くの哺乳類に見られる一般的特徴であり、もちろんサル・人類もそれを踏襲しています。
 
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1321
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
253081 なぜ淘汰適応があるの? 匿名希望 11/06/16 PM03
253079 淘汰適応の原理に感謝 やまと 11/06/16 PM00
253078 【図解】常に適応しようとしてきた哺乳類 ますみん☆ 11/06/16 AM10
230265 人間の原型は適度に弱い癖に淘汰が嫌い!? ヤマダ 10/04/17 PM10
オスとメスの違いって何?(4)〜なぜ哺乳類・鳥類は性染色体でオス・メスが決まるの? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/02/06 AM00
216816 量ではかる評価基準は退化の証 ギニュー特戦隊 09/10/09 PM01
216803 【図解】哺乳類の性闘争本能 ECHO 09/10/09 AM08
180714 「安定と変異」という視点で哺乳類の進化を捉え直す 安藤太地 08/07/06 PM08
171271 ウサギの性闘争 熊谷順治 08/02/21 PM07
地球温暖化防止、店舗の役割は 「ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)」 07/08/14 AM08
155254 初期の哺乳類:単体から集団形成にいたるまで 藤田公一 07/06/25 PM08
141645 なんで淘汰適応は必要なのか? SevenStars 07/01/05 PM09
140944 Re:哺乳類の性闘争本能 宮谷和枝 06/12/23 PM11
140902 【図解】哺乳類(原モグラ)時代の性闘争本能(第一部-3-03) 走馬灯 06/12/23 AM11
140669 生存に無関係な恋愛と、生存に直結する哺乳類の性闘争 本田真吾 06/12/20 PM11
140641 淘汰による死、それは無残なものでは決してない 匿名希望 06/12/20 PM05
140637 “いい男”の評価軸が人類の命運を分ける!? 匿名希望 06/12/20 PM04
140627 外敵(外圧)へ適応するための、大量淘汰。 河野梨恵 06/12/20 PM01
140586 『淘汰適応』の意味 吉岡由香里 06/12/19 PM10
140164 全ては種の存続に立脚し、より高い適応種を残していくために存在する 三浦弘之 06/12/15 AM00
140101 強者が生存するのではなく、適者のみが生存する 匿名希望 06/12/14 PM05
140098 淘汰することの意味 米澤祐介 06/12/14 PM04
霊長類の視覚進化? 「Biological Journal」 06/11/21 AM00
136982 親和本能の重要性 マー 06/11/09 PM11
シリーズ8(番外編):哺乳類の性闘争本能の強化と内雌外雄? 「Biological Journal」 06/10/31 AM01
135863 哺乳類の性闘争本能の欠陥 春風 06/10/29 AM03
134817 性闘争の強化=縄張り闘争の強化=雌雄の結び付きを強化 安藤太地 06/10/19 PM10
134795 哺乳類は淘汰適応を強化した淘汰促進態 雪竹恭一 06/10/19 PM08
134687 哺乳類は「淘汰促進体」となって圧倒的な進化を遂げる事ができた。 田村正道 06/10/18 PM06
133838 人類の進化は弱者としての進化 菅原正輝 06/10/11 PM00
131862 性闘争本能って? アイスクリーム 06/09/24 PM05
124188 淘汰=適者生き残りの仕組み!内雌外雄の原則って・・・ 渡邊かお里 06/06/29 AM10
124148 哺乳類の性闘争が激しい理由 野村徹 06/06/28 PM10
性闘争の映像。 「なんで屋@滋賀」 06/05/10 PM00
89630 原モグラが置かれた状況と性闘争 下城浩一 05/04/27 AM02
83939 哺乳類の性闘争の仕組みがややこしいのは何で? 森政子 05/01/12 PM11
83535 シマウマの性闘争(事例) 松尾茂実 05/01/02 PM11
83390 哺乳類が性闘争=縄張り闘争を著しく強化した理由 村田頼哉 04/12/30 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp