思考革命:問題意識発から可能性発へ
1317 否定を超えて可能性基盤へ 
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 01/03/14 AM01 【印刷用へ
 我々は、単に個人主義という古いものを否定するだけにとどまるつもりはない。 我々は新しい可能性を探ろうとしているのだ。
 現在は個人とは、社会や全体から目をそむけ、諸要求や私的要求の対象としてしか社会を捉えず、ひたすら私生活に逃避していく性向を持った存在に過ぎない。しかし「人間は全くそんな情けない存在でしかあり得ないのだろうか?」
 現在の議論は、主体の中に、社会や集団全体を対象化する機能は普遍的に内在していないのか?あるとすればそれが発現される条件は?などを探る議論だと思う。 
 
 その点では社会構造の変化からの可能性と、人間存在からの可能性と双方からのアプロ−チが必要なことはいうまでもない。そして前者について一点だけ触れるとすれば、個人主義の社会的基盤は、市場社会化によって万人が私益追求の主体として「解放」されたことにある。しかし、現在先進国では貧困がほぼ消滅することによって私益的価値(金=貨幣価値や出世)が既に第2義化しつつある。
 そしてその結果今まで抑圧封鎖されていた、「人間らしさ」を求める欲求が急速に浮上してきた。現在は逆にそのこと自体が価値と旧秩序の混迷を生み、社会を迷走させているという負の側面も目立つ。
 この混迷はこのまま続くのか?今後私益的価値に代わって何が第一価値として浮上してくるのだろうか?
 現在は第一価値はおそらく私生活や趣味、あるいは家族や友人が並立している状態だろう。
 しかしそれらの中でも既に、個的生活の色彩が強いものから「仲間」的色彩の強いものに移行しつつある。現在若者の中で目立ち始めた、仲間を母体にしたベンチャーはその先端事例ではないだろうか。次の時代を読み解くキーワードは仲間への収束ではなかろうか。

 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1317
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
大東合同お題追求会議音声【2】「やる気のスイッチ入れるには」 「なんで屋PodCastingシステム」 09/10/08 PM07
193235 みんなと可能性に飛び込んでいく時代 杉山 08/11/26 AM03
149043 「共認原理へのパラダイム転換」は理想ではなく事実 清水昌広 07/04/10 PM11
136101 重い蓋の正体。 河野梨恵 06/11/01 AM08
「仕事への意欲が最低なのは日本人」ってホント? 「これからは探求の時代」 06/10/13 PM09
127279 仲間収束は進んでいる 06/08/02 PM09
106391 みんなに課された「原初の期待」 阿部佳容子 06/02/26 PM05
94640 なんでやカードはみんなの「?」を「!」に切り替えるスイッチ 井上龍之介 05/07/16 PM10
91860 構造化の兆し 中村英起 05/06/01 PM09
91293 一本の電話 佐藤英幸 05/05/23 PM09
89838 おじさんの活力が無いのは何で? 川井孝浩 05/05/01 AM03
86595 人間らしさとは 大嶋洋一 05/03/02 AM00
85409 今求められているのは… 嶺山志保 05/02/09 PM06
84346 全体性の復権 匿名希望 05/01/21 AM11
83152 新しい原理は、新しい能力を生み出す? 三宅秀和 04/12/25 PM09
24240 私権に代わる幸福とは? 北村喜裕 02/02/18 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp