採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ
130985 食料危機という逆境からの脱出策としての農耕
 
小圷敏文 ( 壮年 大阪市 建築士 ) 06/09/15 PM11 【印刷用へ

■1万4800年前〜6500年前の気候変動(2)

◆1万2800年前:「ヤンガー.ドリアス」という寒の戻り

1万4800年前に地球は変動性の激しい氷期が終息に向かい、気候は急激に温暖化した。そして、温暖化によって北米大陸の氷河がとけて、現在の五大湖周辺に巨大な冷たい水の湖ができた。しかし、1万2800年前にその湖の東側の堰が切れたので、氷河湖の冷水が大西洋に一気に流れ込み、大西洋を薄い膜となって覆った。

それまでは、大西洋には大西洋から太平洋にかけて深層水が循環するシステムがあった。ところが、海水の表面に淡水の冷水がのったものだから、この循環系が機能しなくなった。このために、地球の気候は再び氷期に逆戻りすることになり、年平均気温がいっきに5度から6度も下がるような過酷な時代がまたやってきた。

それが、「ヤンガー.ドリアス」という寒の戻りである。

◆食料危機という逆境からの脱出策としての農耕

レバント(リンク)地方の南部は、1万4800年前から気候が温暖化しはじめると西アジア地域のなかで、落葉ナラを中心とする森が真っ先に拡大したところに相当する。

森はアーモンドやピスタチオなど食べ物が豊かであったので、人類は拡大してきた森で定住生活をはじめていた。ところがヤンガー・ドリアスの寒冷期の到来で気候が悪化し、森の生産物が採れなくなったので食糧危機に直面することになった。

>気温が急激に下がり、氷期に逆戻りするという環境の激動の時代に、人類はなんとか生き延びようと、集落の周りにあるイネ科の草本などを手当たりしだいに食べていたのですが、そのなかから生産性の高い野生の麦をみつけ、それを栽培することをはじめたのです。これが人類に農耕という輝かしい発展をもたらす第一歩だったのです。【中略】

>地球環境が変わったために、人類はやむをえず新しい生き方を発見した。それが農業だった。こういう見方こそが新しい歴史の見方なのです。つまり、地球環境の変化に人問が適応するために新しい技術革新をした。これが重要なのです。こういう発想が、今の私たちには必要になっているのです。(*「環境考古学のすすめ」安田喜憲 著/丸善ライブラリー刊 より)

かくして、レバント地方南部の海岸地帯より内陸側、つまりより東側の乾燥した草原に進入することによって、人類は農耕革命をなしとげた。

*参考:「環境考古学のすすめ」安田喜憲 著/丸善ライブラリー刊

 
  List
  この記事は 130982 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_130985
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
木の上に住む民族は現存する!! 「共同体社会と人類婚姻史」 06/10/25 PM01
逆境⇒どうするを蓄積→結実 「共同体社会と人類婚姻史」 06/10/24 PM11
133944 栽培は工夫の結果実現された生産様式 base 06/10/12 AM03
131116 「ノアの大洪水」の原型としてのメソポタミアの大洪水 小圷敏文 06/09/17 AM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp