学者とマスコミはグルで頭脳支配
130868 国家借金800兆円が良い例
 
匿名希望 06/09/14 PM10 【印刷用へ
>今や、「構造認識」は統合階級(学者や官僚やマスコミ)の商売道具として残存しているに過ぎない。もちろん心ある大衆は、そんなモノを全く信じておらず、彼らの言説を耳目にする度に吐き気を催すほど、ほとほとウンザリしている。
これが、答えを出せない状況の実態である。(18718 四方さん)

答えが出せないのならまだしも、

>現に、経済にしろ、教育にしろ、彼らが何十年に亙って唱えてきた講釈や方策では、何の効もないばかりか、事態は悪化する一方である。(実現論 実現論9_3_03)

は明らかで、答えが出せるならば、国家借金が800兆円迄膨らむ事はなかったはずだ。

>一般的には国の一般会計予算のうち、経営経費の歳入不足を補填するために発行する国債をいい、公共事業などの財源に当てるための、いわゆる建設国債と区別している。つまり、日本の場合、赤字国債を賄うために発行する国債をいう。75年初から、不況の影響をうけて法人税、所得税を中心に税収が激しい落ち込みをみせ、74年度予算は歳入欠陥が別措置で切抜けた。しかし、75年度には歳入不足問題がさらに深刻化した。そのため、政府は75年9月の第76臨時国会に補正予算案と財政法特例法案を提出した。それは財政法で禁止されている赤字国債の発行を認める特例法を成立させ、2兆2950億円の赤字国債と、追加の建設国債を発行し、補正後の国債発行額は5兆4800億円、財政の国債依存率は26.4%になった。これによって、建設国債を別にすれば、戦後まがりなりにも維持してきた均衡財政が崩壊することを意味した。そして、その深刻な歳入の不足は不況の長期化によって76年度以降も続いた。この年度は赤字国債3兆7500億円で建設国債も含めた国債依存率が29.9%の高率に達し、当初予算から初めて赤字国債が組み込まれていた。(刺激@ 「経済のこと2」参照: リンク )

この当時の政策では、80年には赤字国債から脱却する予定だったにも関わらず、逆に79年には国債依存度が39%に迄達している。(家計費が、40%借金で成り立っている等有り得ない。破産寸前)

そこから、20年以上の歳月を経て、多くの政治家・学者達が赤字国債からの脱却を提言しながら、一方で借金の上積みに貢献し、当の小泉政権も、「赤字国債の縮小」を訴えつつ、発足当時、改革には多少の痛みも止むを得ないと言っていたが、「痛み(=方針)」の中身を全く明確にして来こず、今では、借金800兆にまで増やしている。

次の総裁選挙でも、何ら政策方針を打ち出さず、欺瞞・誤魔化ししか言っていない、安倍が優位と騒いでいるが、このままで良いのか日本よ!!
 
  List
  この記事は 18718 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_130868
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
なんとか金融セクターの縮小が図れないものか・・・ 「晴耕雨読」 07/12/08 AM11
余剰資金の活用法 「晴耕雨読」 07/12/07 PM06
新しい教育の答えを出していくために(その1) 「類塾ネット」 07/02/14 PM00
135059 消費に変わる新たな生産システムが不可欠 たっぴ 06/10/21 PM06
借金をすると、GDPが上がるって、本当?? 1 「せいめい」 06/10/09 PM07
131820 統合階級がもたらしたもの ブルマン 06/09/24 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp