健康と食と医
130494 へその緒から287種の汚染物質
 
八代至誠 ( 46 東京 建築士 ) 06/09/10 AM08 【印刷用へ
「環境と学びの広場」というサイトから、以下の内容の投稿がありましたので紹介します。(リンク

>出産が近づいてくる頃になると、お母さんの胎盤からへその緒を通して、一日にして300リットルほどの血液が胎児のからだの中を流れます。これには酸素や栄養が含まれていて、胎児の命をはぐくんでいます。少し前まで、胎盤は色々な汚染物質を通さないと考えられていました。しかし出産が近づく頃になると、へその緒の血液を通して、色々な必要物質だけでなく、工業化学物質や、汚染物質、農薬などを運び込んでいることが分かってきました。タバコの成分やアルコールなども同じです。

アメリカのワシントンDCに本部をおく 環境ワーキング・グループ(EWG) は、外部の研究者たちと力をあわせて、04年8〜9月に10人の新生児を調べ、平均 200種の工業化学物質や汚染物質をみつけ、7月14日に発表しました。全部あわせて 287種の物質が含まれていたことがわかりました。赤十字病院で赤ちゃんが生まれて、へその緒を切ったあと、それを集めて調べたところ、農薬や消費者が使う商品に含まれている物質、石炭・ガソリン・ごみが燃えて発生する物質などが発見されました。

これまで問題になっている物質 261種がへその緒の血液から検出されたと報告されたのは初めてですし、そのうち 206種は、へその緒の血液から検出されるのが初めての物質です。これらの物質の中には、最近 EPA(米環境保護庁)が発がん性があるのではないかと考え調査しているPFOA(パーフルオロオクタン酸)など8種類のパーフルオロ化合物が含まれています。PFOAは、フライパンの表面加工、ファストフードの容器などに使われるフッ素樹脂の中間材料です。その他、広く使われてきた臭素系難燃剤、数多くの農薬なども含まれていました。

そのうち、180種は人や動物で発がんの報告があるもの、217物質は脳や神経に毒性を示すもの、208種は 動物実験で新生児障害を生じたり発達障害を生じたりする物質です。こうしたものが人や動物にどういう影響を与えるかは、調べられているというものの、混合されたときに新生児にどのような影響を与えるかは何も分かっていません。

検出されたデータには、平均値と範囲が示されています。ここでは一部の物質の平均値を紹介しておきます。(元のデータは二種類の単位を含んでいますが、以下の単位はすべてpptに統一、血液の脂肪成分について1兆分の一、メチル水銀以外はその種類に属する各種化合物の合計です)

メチル水銀:947
臭素化ダイオキシン:5
臭素化ジベンゾフラン:51
塩素化ダイオキシン:53
塩素化ジベンゾフラン:6
有機塩素系農薬:18600
パーフルオロ化合物:617
多環芳香族炭化水素285
ポリ臭素化ジフェニルエーテル:6420
PCB:7880
ポリ塩素化ナフタレン:617

既に、生まれたての赤ん坊にまで人工物質が蓄積されているという事実。母親から多様な人工物質が取り込まれているという現実に衝撃を受けました。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_130494
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
【多くの謎に包まれた、“へそ”の科学】科学を身近に☆NewStream 「地球と気象・地震を考える」 12/11/29 AM02
159938 人工物質が体内へ入ってます! さえ 07/08/28 PM10
145777 出産はひとつのデトックス法 長畑園子 07/02/24 PM11
『衝撃!コンビニおにぎりは腐らない!?』ついにカビが!! 「地球と気象・地震を考える」 06/11/01 AM07
132727 摂取食材の変遷 麻丘東出 06/10/01 AM07
へその緒に287種類もの○○がっっ!! 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/09/15 PM02
130501 汚染物質だらけの体内の行くつく先 竜飛 06/09/10 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp