実現論を塗り重ねてゆく
130246 原基構造の不変部分と可変部分
 
田中素 HP ( 40 長崎 企画 ) 06/09/07 PM09 【印刷用へ
> 生物の摂理に反する者は生き残れない。(127537)

> 人類の原基構造を解明できれば、その構造のどこが不変部分でどこが可変部分かを知ることが出来る。そして現代社会の諸問題(諸欠陥)と突き合わせれば、どこが変えてはならない部分でどこが変えるべき部分かを突きとめる事が出来る。つまり、その構造体のどこをどう変えれば良いかの答えを導き出す事が出来る。(実現論9_3_04)

自然(生物)の摂理=人類の原基構造のどこが不変でどこが可変かを判断するときに、必要な視点は大きく3つある。

一つは、進化の連続性と枝分かれの問題だ。地球上にいる生物群は、元々は一つの原始生命体から生じたものだが、その過程で固有の外圧条件に対して適応して、枝分かれをしてきた歴史がある。従って、人類の系譜とは無縁の生物、その枝分かれ後に獲得した固有の適応構造は、人類が適応するための原基構造とはならない(例えば、爬虫類から枝分かれした鳥類固有の生態は参考にならない)。人類の原基として着目すべきは、あくまで人類に繋がる1本の進化系統上で塗り重ねられてきた構造だ。

二つ目は、この進化系統の中で、人類という種が成立する大前提として、新たに塗り重ねられた部分だ。例えば、性闘争本能は人類に至る哺乳類全般に存在する原基構造ではあるが、始原人類は、過酷な外圧に対応するためこの性闘争を全面的に封鎖した。従って、「性闘争本能」ではなく「性闘争の封鎖」の方が、人類の原基構造としては変えてはならない不変部分となる。「自我ではなく共認が原点」である点、「最終的には観念によって進化し、統合される観念進化態」である点も同様である。

三つ目は、原基構造を成していた始原時代の外圧状況と、現在の外圧状況の変化だ。始原時代には、顔の見える集団を超えた社会は存在していなかった。また、絶対的な生存圧力が働いていた。現在は単位集団を大きく超えた社会が登場し、また、生物史上初の出来事である生存圧力の克服を果たしている。したがって、この新しい課題には、単なる始原時代の生存様式や統合様式の踏襲・回帰では適応できない。ここは、人類が獲得した観念機能を駆使して、新たな適応形の獲得が必要な可変部分となる。

このような捉え方をすること自体が、外圧適応態としての生命の原理=自然の摂理に従う、ということの意味でもある。
 
  List
  この記事は 127537 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_130246
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
214280 「実現」するとは「現実の外圧に適応」すること。 西澤亮太 09/09/04 AM09
206322 【図解】生物史・進化史 お題一覧 川井孝浩 09/05/12 AM02
203857 「性闘争の封鎖」は、不変ではなく可変なのでは?という意見に対して。 宮谷和枝 09/04/08 PM00
「自然の摂理から環境を考える」 「地球と気象・地震を考える」 09/04/08 AM11
203703 可変部分は充足発、みんな発で追及 匿名希望 09/04/06 AM10
203701 セックスレスは、性闘争本能の衰弱ではなく、性本能の衰弱に起因する 匿名希望 09/04/06 AM09
203654 婚姻制度の「不変」と「可変」 山田孝治 09/04/05 PM06
203651 人類の塗り重ね構造の不変部分と可変部分 雪竹恭一 09/04/05 PM05
175441 人類のこれからの進化とは 春風 08/04/29 PM07
「生物とは何か?」「進化とは何か?」 「Biological Journal」 07/01/01 PM05
137743 鳥類が一夫一婦様式なのなんで? 谷崎俊文 06/11/17 PM10
136203 歴史を学ぶ意義が歪められた時代 土山惣一郎 06/11/02 AM09
133179 先端可能性への収束によって再統合される 雪竹恭一 06/10/05 PM00
132303 これ以上の市場拡大は人類の不変部分を侵すことになる! 仲西大輔 06/09/28 AM01
132299 原基構造の解明は、答えを導き出すためのもの。 河野梨恵 06/09/28 AM01
132269 同類圧力の創出を阻む個人主義 根木貴大 06/09/27 PM10
132232 可変部分である性闘争を強要する市場第一主義 本田真吾 06/09/27 PM05
131717 生物の摂理まで遡る理由 大河明日 06/09/23 AM01
131331 「原基構造=自然の摂理」の解明なしには答えはだせない。 山田太郎 06/09/19 AM11
131212 自然の摂理に立脚した初の人類構造体系:実現論 新川啓一 06/09/17 PM11
131069 図解化で答えを習得 中野優 06/09/16 PM08
縄文ブログがリニューアルしました! 「縄文と古代文明を探求しよう!」 06/09/08 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp