実現論を塗り重ねてゆく
12975 過剰消費のもう一つの理由
 
馬場真一 ( 32 東京 農業 ) 01/10/09 PM05 【印刷用へ
自然充足、共認充足に対する人々の欠乏が、潜在的に高まっているというご意見、私もそう感じます。それが得られないが為の代償行為が必要以上の「過剰消費」であったと思います。それら物で心の隙間を埋めようという行為は、今やむなしさ以外に得るものは無いということに、そろそろ皆気づきはじめているというところでしょうか。

それに代わる充足の場や新たな集団の再生が必要と前回述べましたが、既に活力を失った消費を延命させているもう一つのもの(というより、背景となっているもの)が、システムとしての市場であり、観念としての成長神話ではないでしょうか。
消費を抑えましょうと言ったところで、日々の生産の場である企業はものをつくり、消費を喚起し、成長しなければ存続できない事になっています。あるいは、環境問題を口にする人でも、経済が成長しなくて良いという人は少数派です。(成長しなくて良いという人は、活力論を無視した、別の意味でのドグマに陥っている場合も見受けられます。)

本当のところは、こちらの方も潜在意識は先行していて、誰も不毛な成長など望んでいないのでしょうが、それに代わる社会(例えば創造競争、評価闘争社会)を描けずにいるのだと思います。この点からも、統合理論の必要性を強く感じます。
 
  List
  この記事は 12915 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_12975
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
共認充足が過剰消費を消滅に導く 「開放空間「THE ROTEN」」 05/07/23 PM06
13114 「統合理論」のビィジョン 匿名希望 01/10/10 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp