アメリカ→官邸→マスコミによる支配
128553 「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでA
 
小圷敏文 ( 壮年 大阪市 建築士 ) 06/08/19 PM07 【印刷用へ
アメリカに食い尽くされる日本・・・小泉政治の粉飾決算を暴く・・・
森田実・副島孝彦共著/日本文芸社刊 より
==============================
●戦後の日本政治を陰から動かしてきたアメリカ

朝鮮戦争の時、マッカーサー元帥(GHQ総司令官)が戦略をめぐる衝突で闘ったのは、1950年に日本に派遣されたジョン・F・ダレス(その親分はロックフェラー家)で、その結果トルーマン大統領に首を切られて、米国に強制送還のようにして帰った。

第一段階が政界の従米化、次に学者の意識改造、さらには官僚のマインドコントロールという形で、アメリカは日本の指導層の意識改造に成功するのだが、それにはフルブライド奨学金の果たした役割が極めて大きかった。

60年安保世代がアメリカ留学して親米派に転向。次の全共闘世代が渡米して転向と、日本の知識層は日本をアメリカ化することが日本の利益になるという、大いなる錯覚を持つに至った。

それでも、80年代末までは、日本を思う気迫と独立心を持つ官僚はまだいた。日米通商摩擦をめぐる交渉場面ではそれなりに頑張っていたが、それに手を焼いたアメリカは、一歩早く従米主義に堕した自民党政治家を動かして官僚に圧力をかけた。

気骨のある官僚も絶望し、90年代前半には順応型官僚が増え、同時にハーバード大学出身のアメリカ的市場経済信奉者が増えた。そして、その仕上げともいえるのが、1998年2月の「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」であった。それは、CIAがその名簿をインターネット上に流し、マスコミはその尻馬に乗って日銀と大蔵省官僚叩きをやることで愛国派官僚が引きずり下ろされた不祥事となった。

●戦争経済以外に突破口のないアメリカ

世界経済を支配する法則は「戦争経済」で、朝鮮戦争、ベトナム戦争、9・11同時多発テロの自作自演、イラク戦争と間隔は短くなるばかりで、今やアメリカは3年に一度戦争をやらないと生き残る道はないほどになっている。

●竹中平蔵は小泉首相の御本尊

2002年9月17日の小泉首相の北朝鮮訪問は、前月の8月末に発表していた。しかし、直前の9・11事件1周年行事に訪米し、翌日に日米首脳会談をしようとしたが、アメリカ側に「知らない」といわれて立ち往生した。

その窮地を打開したのは、竹中経財相とグレン・ハバード大統領経済諮問委員会議長との関係であったそうだ。その二人は、「日本の不良債権処理の加速化を小泉首相がブッシュ大統領に約束する」ことで、日米首脳会談を予定どおり行うようにしたのだという。

竹中氏は、アメリカが一番欲しがっている日本の金融部門をアメリカが自由にしやすいようにするための不良債権処理を加速化することを、ハバード氏の指示で動いたといわれた。

そして、その直後に、アメリカの思い通りに動かない柳沢伯夫氏が更迭され、竹中氏は経済財政兼金融大臣になった。それ以来、竹中氏はぐんぐん強くなっていった。

一頃は飛ぶ鳥を射る勢いであった竹中氏も、仕上のはずのNHK解体が失敗に終わってからは鳴りを潜め、22億円でニューヨークのペントハウス付き高級アパートを一棟買って逃げる準備を始めたそうだ。
==============================


 
  List
  この記事は 127515 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_128553
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
学者・官僚・マスコミは、かくして骨の髄まで金貸しの手先に成り果てた8 〜「アメリカに食い尽くされる日本」を読んで?〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/02/25 PM08
ネオコンの系譜 「Trend Review」 06/10/24 PM08
核武装発言も、やっぱりアメリカの言いなり!? 「Trend Review」 06/10/21 PM10
エクソダス 「感謝の心を育むには」 06/10/19 PM11
イラク戦争のもう一つの狙い・・・「イラクの水」 「せいめい」 06/10/13 AM02
129327 そんな企みがあったとは!!−竹中氏のNHK解体について− ララ 06/08/28 PM03
129308 自己虫に追従する、自己虫。 匿名希望 06/08/28 AM11
128556 「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでB 小圷敏文 06/08/19 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp