社員の活力を引き上げるには?
127844 僅差の勝利の蓄積が、大きな評価の格差となって、生死を分けてゆく
 
西知子 ( 31 京都 秘書 ) 06/08/10 PM08 【印刷用へ
競争が厳しくなると、評価の格差は大きくなり、勝敗は僅差で決まる。

まず、勝負させてもらえるかどうかは、それまでの評価蓄積で決まる。
どの集団or人であれ、評価上位の集団or人に期待するので、それ以下の集団or人は勝負に参加することさえかなわない。
つまり、評価上位と評価下位には、圧倒的かつ決定的な差がある。

しかし、いったん勝負に参加してしまえば、そこはまさに評価上位者同士が鎬を削る世界となる。
ここでは、最後の最後、ギリギリどこまで詰めきったかが勝負の分かれ目になる。
限られた時間の中で、方向性や根拠をとことん明快にし、あらゆる方向から実現性を検証し、緻密に具体化させてゆく。そのような勝負の中では、一つのミスやごまかしが命取りになる。
文字通り、体力・活力・集中力を、極限まで出し切った方が勝利を手にする。

現実の闘いとは常に、生きるか死ぬかの真剣勝負。
それは武力闘争から評価競争になっても、変わらない。
むしろその闘いは、よりシビアになってゆくと見たほうがいいだろう。
 
  List
  この記事は 119121 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_127844
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
270452 ニッチ『需要』と構造認識から導き出した『需要』との違いは大きな違い 塩貝弘一郎 12/11/10 PM07
企業活力再生コンサルへの道〜企業を取り巻く状況認識?:勝負を分けるものは何か? 「これからは探求の時代」 10/02/21 AM10
217224 「仕事とは引き延ばされた闘争」 天心 09/10/15 AM05
216542 『脳に悪い7つの習慣』(1):疲れる脳と疲れない脳がある 浅野雅義 09/10/05 PM11
210271 「先手必勝」の真意とは。 西田美和 09/07/06 PM06
198600 仕事とは“期限内でどれだけ最善のものを出せるか”☆ 宮崎未帆 09/01/30 AM07
189428 誤魔化しは共認を阻害する行為である。 千葉敏昭 08/10/11 AM03
188992 あらゆる方向からの実現性の検証とは、まさに同化そのものである 三浦弘之 08/10/05 PM07
175953 【図解】僅差の勝利の蓄積が、大きな評価の格差となって、生死を分けてゆく ゆ〜た 08/05/08 PM08
175530 「仕事を楽しむ」=「実現可能性を感じるまで追求する」こと! おおさかじょん 08/05/01 PM07
175485 半端な気持ちがミスを呼ぶ 宮崎敬子 08/04/30 PM11
173317 ポカミスはどうして起きるのだろう? 橋本正雄 08/04/01 AM03
172814 部下たちも活き活きと闘う上司を求めている 本田真吾 08/03/21 PM11
143554 僅差の勝負では「不安」よりも「期待」が上回るまで追求しないと勝てない 橋口健一 07/01/28 AM06
128644 闘い、勝利するためには精錬された「言葉」が必要。 佐藤賢志 06/08/20 PM08
128555 共認原理では、評価圧力は生存圧力下での飢えの圧力以上。 丸一浩 06/08/19 PM08
128515 成果を出すにはどうすればいいか? 田野健 06/08/19 AM10
128488 評価は皆で勝ち得た物であり、一人で勝ち得た物では無い。 らっしー 06/08/19 AM00
128481 水面下での大差の勝利が現実の僅差の勝利を可能にする 佐藤英幸 06/08/18 PM11
128454 勝ってゆくこと。 みに とまと 06/08/18 PM08
128404 “徹底”する事が、絶対条件 小山瑠里 06/08/18 AM00
128337 ミスをなくすには、 谷光美紀 06/08/17 AM11
128280 学校を出ただけで社会人になれたわけではない 鹿村幸代 06/08/16 PM08
128271 過酷な闘いも、没頭すれば至福の極致。 匿名希望 06/08/16 PM05
128248 評価収束という構造を社内評価に採用する若者世代 村田貞雄 06/08/16 AM09
128234 仕事とは、同類闘争の僅差勝負に身を置くこと 本田真吾 06/08/16 AM01
128135 なぜ繰り返すのか。 長谷川文 06/08/14 AM11
127885 闘いとは評価競争であり、そこに向かうのが闘争存在 前山薫 06/08/11 AM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp