暴走する悪徳エリートの所業
127319 安倍晋三の次期総裁は既定路線になっているが・・・
 
倭民 06/08/03 AM11 【印刷用へ
橋龍叩きそして死去で、田中角栄の流れを継ぐ民族派が、とうとう一掃されてしまった。
そして、時期総裁はというと、すでに安倍晋三で決まりかのようなマスコミ論調。

さて、安倍晋三は、

佐藤信彦━━茂世 ┏市郎
      ┃━━┣信介━(岸信政へ養子)━┳信和
 岸要蔵━┳秀助 ┗栄作          ┗洋子
     ┗信政━良子            ┃━┳寛信
        (信介夫人)   安倍寛━━晋太郎 ┣晋三
                         ┗信夫
(ウィキペディアより)

岸信介の孫であり、岸信介は戦後A級戦犯容疑者として逮捕されたものの、
> 冷戦の激化に伴い、アメリカが対日政策を大きく転換。戦後の日本を「共産主義に対する防波堤」と位置づけ、旧体制側の人物を復権させたため、岸は戦犯不起訴となり、東条ら7名の処刑の翌日に釈放された。<
リンク

> アメリカは岸政権を徹底的に支援し、親米反共路線を確立させることに全力を注いだ。民族主義を親米反共に誘導し、離米・興亜主義的志向を抑えにかかるという意図を持っていたのである。1958年初頭、アイゼイハワー大統領はCIAに対し、岸首相、佐藤栄作自民党総務会長らに、年間総額1千万ドルの秘密選挙資金を提供することを認めていた(米アリゾナ大学のマイケル・シェラー教授の指摘) < リンク

つまり、アメリカに命を救われ、その後も実弟の佐藤栄作とともにアメリカべったりの政権を作ってきたのである。

そう考えると、安倍晋三がアメリカの犬=小泉の跡を継ぐことが既定路線になっていることも当然であるし、政権をとってから何をやるかは想像に難くはない。
 
  List
  この記事は 127285 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_127319
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
138666 安部晋三の今後について ゆずの素 06/11/28 PM02
128572 日本の反共政策〜戦前からGHQ占領下〜 福島健 06/08/19 PM09
128486 水谷建設事件は安倍政権発足のご祝儀? 匿名希望 06/08/18 PM11
128331 再チャレンジ支援政策 というのがあるらしい。 石橋創 06/08/17 AM07
128160 安倍新政権の目玉ポストは「内閣広報官」〜露骨な官邸主導→マスコミ支配への布石か?〜 橋口健一 06/08/14 PM09
127620 北朝鮮ミサイル発射・・・・そして安部晋三の闇 南風小僧☆ 06/08/06 PM08
127596 小泉時代よりも注意が必要かも 匿名希望 06/08/06 AM11
127515 「アメリカに食い尽くされる日本」を読んで@ 小圷敏文 06/08/05 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp