共認運動をどう実現してゆくか?
127160 いつもいてくれてありがとう〜絵柄の違いに意味がある〜
 
西谷文宏 ( 29 和歌山 建築設計 ) 06/08/01 AM01 【印刷用へ
なんでやの人気カード「いつもいてくれてありがとう」には絵柄が多くあります。この絵柄の違いの意味、考えてみると意外に重要なことが見えてきます。

先日、田町露店で、「チビダックス」と「ヨークシャテリア」そして「かご猫」の3種類を指さして、この3枚の絵柄の違いは何を意味するの?とお客に聞かれました。
 一緒に出店していた露店主が「それは絵が違うだけですね」と答えたのですが、当然そんな言葉ではお客に響きません。満足いかない様子のお客を見て、咄嗟に以下のように答えました。

『絵柄の違いには、きちんと意味があります。まず、この「かご猫」はこの絵のように見ているだけで幸せな気持ちになれる存在、例えば赤ちゃんとか子供、そして一緒に居てくれるペットに向けた「ありがとう」です。
 次にこの「チビダックス」と「ヨークシャテリア」はそれぞれ振り向いていますよね。これはつまり振り向くと傍に居てくれる存在、例えば奥さんとか彼女とか、あとは仲間に向けた「ありがとう」なんですよ。
 そして、チビダックスは右を向いて「ありがとう」、ヨークシャテリアは左を向いて「ありがとう」を言っていますよね。つまり、このチビダックスとヨークシャテリアはお互い向き合って「ありがとう」を言っている=このカードは2枚一組で、お互い感謝しあう、充たしあう。そういう意味を込めたカードなんです』

この説明を聞いて、お客さんは凄く感動し、「今の言葉に震えた!!このカード2枚ちょうだい」と喜んでA4カードをセットで購入してくれました。

なんでやカードを薦める上では、如何にお客さんに「共感」してもらうかがポイントになります。カードを語る上で、「絵柄が違うだけ〜」と言った程度の説明では、当然お客さんに共感してもらえません。
 言葉の意味はもちろん、言葉と絵柄の組み合わせ、そこに込められた意味を語れば、深く共感してもらえます。
 なんでやカードには言葉にも絵柄にも、そしてその組み合わせにも深い深い意味がある。きちんとその中身を語れていないカードはその中身・意味をもう一度考えてみてはいかがでしょうか。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_127160
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
見守ってくれてありがとう 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/10/11 PM10
「いつもいてくれてありがとう」 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/09/16 PM05
127573 第3の店主 野村徹 06/08/05 PM11
127524 いつもいてくれてありがとう〜チビダックスは男で、ヨークシャーテリアは女? 高田康史 06/08/05 PM02
127366 『いい女』の3条件を図解化すると・・・ 矢ヶ崎裕 06/08/03 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp