共認運動をどう実現してゆくか?
127160 いつもいてくれてありがとう〜絵柄の違いに意味がある〜
 
西谷文宏 ( 29 和歌山 建築設計 ) 06/08/01 AM01 【印刷用へ
なんでやの人気カード「いつもいてくれてありがとう」には絵柄が多くあります。この絵柄の違いの意味、考えてみると意外に重要なことが見えてきます。

先日、田町露店で、「チビダックス」と「ヨークシャテリア」そして「かご猫」の3種類を指さして、この3枚の絵柄の違いは何を意味するの?とお客に聞かれました。
 一緒に出店していた露店主が「それは絵が違うだけですね」と答えたのですが、当然そんな言葉ではお客に響きません。満足いかない様子のお客を見て、咄嗟に以下のように答えました。

『絵柄の違いには、きちんと意味があります。まず、この「かご猫」はこの絵のように見ているだけで幸せな気持ちになれる存在、例えば赤ちゃんとか子供、そして一緒に居てくれるペットに向けた「ありがとう」です。
 次にこの「チビダックス」と「ヨークシャテリア」はそれぞれ振り向いていますよね。これはつまり振り向くと傍に居てくれる存在、例えば奥さんとか彼女とか、あとは仲間に向けた「ありがとう」なんですよ。
 そして、チビダックスは右を向いて「ありがとう」、ヨークシャテリアは左を向いて「ありがとう」を言っていますよね。つまり、このチビダックスとヨークシャテリアはお互い向き合って「ありがとう」を言っている=このカードは2枚一組で、お互い感謝しあう、充たしあう。そういう意味を込めたカードなんです』

この説明を聞いて、お客さんは凄く感動し、「今の言葉に震えた!!このカード2枚ちょうだい」と喜んでA4カードをセットで購入してくれました。

なんでやカードを薦める上では、如何にお客さんに「共感」してもらうかがポイントになります。カードを語る上で、「絵柄が違うだけ〜」と言った程度の説明では、当然お客さんに共感してもらえません。
 言葉の意味はもちろん、言葉と絵柄の組み合わせ、そこに込められた意味を語れば、深く共感してもらえます。
 なんでやカードには言葉にも絵柄にも、そしてその組み合わせにも深い深い意味がある。きちんとその中身を語れていないカードはその中身・意味をもう一度考えてみてはいかがでしょうか。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_127160
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
見守ってくれてありがとう 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/10/11 PM10
「いつもいてくれてありがとう」 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/09/16 PM05
127573 第3の店主 野村徹 06/08/05 PM11
127524 いつもいてくれてありがとう〜チビダックスは男で、ヨークシャーテリアは女? 高田康史 06/08/05 PM02
127366 『いい女』の3条件を図解化すると・・・ 矢ヶ崎裕 06/08/03 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp