収束不全:やりたいことが見つからない
126999 > 規範なきマナーの氾濫
 
寺嶋眞一 HP ( 69 静岡 無職 ) 06/07/29 PM09 【印刷用へ
> 潮流4 焦りの適応主体と目先収束 
> 57736 規範なきマナーの氾濫
> 阿部和雄  ( 41 東京 設備士 ) 03/06/27 AM03 【印刷用へ】 
> 最近何かにつけて公共の場での「マナー」の必要が声高に言われ、街を歩けば様々なところでポスターやアナウンスが訴えかけてきます。シルバーシートや電車内の座り方から携帯の電源OFFなど・・・なるほどもっともな気がしますし、多くの人も自然と受け入れています。が、何か引っかかるものがある、という意見も交流会の場では意外と多く出てきます。

以心伝心の効果が無視されているからでしょうか。85176

> 戦後、豊かさの実現と個人主義(自分主義)の浸透で、地域共同体や家庭などの規範の共認域が次々に解体されてゆきました。

地域共同体や家庭などで廃された規範は、世俗的な序列に基づく規範・基準 (standard) ですね。124663 

> そんな中で「人に迷惑をかけない限りは自由」という、そもそも何が迷惑かもよくわからない身勝手な規範(?)がまかり通るようになります。

自由の履き違えですね。84743 
「己の欲せざるところは人に施すなかれ」と孔子は言いました。[論語・顔淵]102840 
「すべて人にして欲しいと望むことは人にもまたそのようにせよ」とキリストは言いました。 [新約聖書・マタイ伝]100254 
他人の欲しない内容・望まない内容を一つ一つ明らかにする必要があるのでしょうね。94864 

> さらにそれが「迷惑だと“思う”ことは規制すべき」となり、個々の価値観にてらして目に余る(不愉快な)事柄を個別にルール化、禁止してゆく流れがいまの「マナー」問題?ではないでしょうか。

同感です。一括合意は不可能で、個別合意になるのでしょうね。

> この背景には全体の視点、「みんな」という意識の欠落があって、個人の都合や好き嫌いと声の大きさで「みんな」不在の価値観がルールとして共認される流れがあるような気がします。

我が国の全体の視点・「みんな」という意識が、個人主義の国から影響を受けているのではないでしょうか。82123 
つまり、人々が唱道者を確認したがっているのではないでしょうか。84432 

> 元来「規範」は、みんな期待から課題・役割・評価が共認され、その集団の中で明文化されずとも皆の意識・行動を律するものとして共認されてきました。

鎖国時代のことですね。今は、英米の世に変わった。83554 

> 個の都合でなく共通の課題の下に集まった人たちの共有意識ですから価値観が入り込む余地など無いはずです。この点が最近のマナー意識(規範らしきもの)に感じる違和感なのではないでしょうか。

現在の地球は、英米の世です。日本人は英米人と価値観を共有する必要があるのではないでしょうか。102988 
我が国も、「世界にあって、世界に属さず」とは行きませんね。98123 
英米人以外は、英米の価値観に違和感を持っているでしょうね。99864 

> みんなが集まりそれぞれの意識を重ね合わせ共有してゆくと、このような「?」がいろいろと出てきそうです。自分とか自由という観念を取り払って、個別の価値観を超えた「みんな期待」をめぐる議論の場が普遍的な規範形成の土壌にもなってゆく。

残念ながら、普遍的な価値観を地球規模で共有することは、現時点では難しいですね。105530 
だから、現実的な方法として個別の価値観で合意しているのでしょう。76427 

> 認識交流の場にはそういう働きもあるだと感じます。

未来において、認識交流の場はきっと地球規模に拡大することでしょう。106317 
リンク
リンク






 
  List
  この記事は 57736 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_126999
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp