アメリカ→官邸→マスコミによる支配
126067 小泉自民党の“コミ戦”世耕チーム
 
南風小僧☆ ( tennen-oyaji simaguni ) 06/07/17 AM01 【印刷用へ
昨年2005年9月11日総選挙のマスコミ対策を提案し指揮した男、世耕氏と解散総選挙時の動きについて具体的な記事があったので紹介したい。

“自民党のゲッペルス世耕弘成”
〜「小泉王朝」は日本をどこに導くのか、これが自民圧勝を演出した広報戦略だ。〜

>今回の選挙戦術において、自民党は結党以来半世紀にわたって培つちかってきた伝統的な戦術や常識を覆すような手法を初めてとりいれた。解散直後に、この「コミ戦」という特命チームを立ち上げ、後述するような戦略的な広報・宣伝活動を行ったのである。このチームを組織し、統率した責任者が世耕だった。
 世耕は、98年に参院初当選を果たす前は、NTTでおもに広報畑を歩んできたサラリーマンだった。米国留学中に企業広報の学位も取得した、いわば「広報のプロ」だ。

>官邸や自民党に、戦略的・総合的なコミュニケーション(広報・宣伝・PRを含む)部門を立ち上げる必要があると考えた世耕は、2001年、首相に就任したばかりの小泉に直訴した。
「官邸の広報体制や危機管理には戦略的な専門スタッフを置き、世論調査などのデータを集め、対処していくべきだ」と説いたのである。だが、小泉の反応は鈍かった。

・・・・・・・・・・・・・
だが、郵政選挙で情勢は一転。
>ここ数年、選挙のたびに自民党はマスコミ、とりわけテレビとの関係をこじらせてきた。「民主党に偏っている」「自民党を批判しすぎている」といった具合にだ。
だが、支持率の低下をなんでもメディアのせいにしてしまう自民党内の空気を、世耕は常々間違っていると感じていた。
「むしろ、マスコミをどう味方につけ、演出してゆくかが重要だと思う」
「この評論家のコメントだが、かれは自民党には好意的なのに、今回の郵政のくだりの事実関係が多少違っている」
すぐにスタッフ2名が資料を携えて、その日のうちにくだんの評論家と会い『ご進講』を行う』
「この政治面の記事は、事実関係に誤解がある」
やはり、すぐさま2名のスタッフが記者クラブに出向き、当該紙のキャップに「事実関係はこうなんですよ」と説明を行う。
コミ戦のメンバーに近い関係者が証言する。
「これまで自民党が行っていた抗議とは明らかに違います。『ご説明させてほしい』と、紳士的にやりとりする。後の信頼関係にもつながるし、今後の記事で気をつけて書いてくれるようになりさえすればいいんです」

(詳しくはリンク
(世耕氏について、リンク

このコミ戦の有効性は選挙結果で実証され、選挙後も広告会社と一体になって世論誘導・政局誘導を行っている。(参照 リンク




 
  List
  この記事は 125657 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_126067
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
日本の政治が、与野党含めてCIAの影響下にあったことが明らかに… 「にほん民族解放戦線^o^」 14/11/05 PM02
274242 自民党の世論誘導組織「インターネットサポータークラブ」 ET 13/04/02 PM09
212494 選挙はプロパガンダによる洗脳工作! しずか 09/08/09 PM04
150997 マスコミと政府 村玉火子 07/05/05 PM00
【シリーズ】テレビの共認支配を暴く!(7)〜TVと政治〜 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/05/02 AM03
【シリーズ】テレビの共認支配を暴く!(7)〜TVと政治〜 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/05/02 AM03
143227 マスコミの談合組織「記者クラブ」 「るいネット」ファン 07/01/24 PM11
140842 小泉メルマガ&HP制作経費18億円:これだけ遣えば大衆を酔い痴れさせるのなんて簡単? 猛獣王S 06/12/22 PM09
132389 今や記者も単なる営業マン。だからマスコミ報道が劣化する Trend Review 06/09/28 PM09
131307 アメリカ→官邸・電通→マスコミの世論支配 Trend Review 06/09/19 AM01
130453 自民党メディア戦略の目指すもの ソバット 06/09/09 PM09
128876 外資広告会社による世論誘導 安藤太地 06/08/24 AM08
127541 スクープ=謀略? 匿名希望 06/08/05 PM08
126767 利益誘導から共認支配の選挙へ 匿名希望 06/07/26 PM03
126710 世耕さんは、マスコミの本質を理解しているのだろうか ハリマ 06/07/25 PM06
126687 小泉政治の後継者? 匿名希望 06/07/25 AM02
126680 共認支配・操作の元凶は私権パラダイムの根強い残存 匿名希望 06/07/25 AM00
126675 お上の沙汰も、マスコミ次第。 匿名希望 06/07/24 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp