生命原理・自然の摂理
125976 逆境下で生物は進化した。
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 06/07/16 AM01 【印刷用へ
生物の進化は決して直線的ではない。連続的に下等生物から高等生物に予定調和的に進化したわけでは、決して無い。

事実は、自然環境の激変から多くの種が絶滅し、その際に新環境に適応する機能を奇跡的に生み出した(DNAを変異させ新機能を飛躍的に特化させた)新種が、もしくは従来生物が棲んでいなかったニッチに奇跡的に適応した新種が、その後辛うじて生き延び、多様に適応放散したということである。その過程では99%は、この一か八かの賭けに失敗し絶滅している。つまり、好き好んで、より良い環境を求めて新天地を切り開いたという俗にイメージされている進化観とは全く逆なのだ。

この環境変化をもたらすのは一つは地球環境それ自体の激変である。一見安定的に見える地球環境だが、マントルの活動の変化や隕石の落下などにより、高熱化、氷結、酸素濃度の著しい変化等、生物史上度々災難を生命にもたらしている。もう一つは旧制覇種の異常繁殖による環境の激変である。

これらの環境の変化によりカンブリア紀(5.8億年前)以降だけでも『過半の種が絶滅⇒新環境に適応した種の登場』が少なくとも5〜6回ある。
@カンブリア紀以前の地球氷結⇒クラゲ、海草様の生き物⇒多様な種の登場(7〜5億年前)
A藻類の繁殖による水中酸素濃度の上昇(オゾン層の形成)→大量絶滅⇒高酸素(活性酸素?)適応の魚類・陸上植物登場(4.5億年前)
B甲殻魚類の制覇(or乾燥期による水中の酸素不足)→海中生物の大絶滅と両生類の登場(3.7億年前)
C火山活動の活発化?低酸素環境→84%の種が絶滅⇒低酸素適応の爬虫類(2.5億年前)の適応
D寒冷化?⇒哺乳類、始祖鳥登場(2.1億年前)
E隕石落下→寒冷化⇒恐竜の絶滅と哺乳類の適応放散(6500万年前)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_125976
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
『微生物・乳酸菌関連の事業化に向けて』-37 〜微生物の起源−19  コラム:人体5億年の記憶〜 「新しい「農」のかたち」 17/05/12 PM11
微生物と植物の協働関係を進化史から探る 1 「新しい「農」のかたち」 14/10/15 PM06
273171 不易流行〜守るべきもの、変えるべきもの 岡本誠 13/02/19 PM10
海の生物を見てみよう!? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 12/08/14 PM07
逆境こそ進化の源泉〜圧力構造の進化過程〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/09/12 PM09
生物の地上進出時の逆境とは、なにか?(1) 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/06/13 PM02
164164 逆境から進化へ 竹田翔 07/10/26 PM02
160832 2億5千万年前の大絶滅で爬虫類が生き残った理由 橋本宏 07/09/08 PM10
160157 生物における進化の着目点 〜各器官に分類して考える〜 橋本宏 07/08/31 PM10
進化系統樹を辿ろう!? 「Biological Journal」 07/04/18 AM01
149255 進化のしくみに納得しました。 ひよこレモン 07/04/13 PM02
149219 意識して進化している? 原 平 07/04/13 AM02
149162 強者は進化しない。弱者ゆえ、生き残る為に進化した。 サムライ\(`O´θ/ 07/04/12 PM05
149152 外圧(環境変化や種間闘争)を対象化して進化する 松本幸二 07/04/12 PM02
142669 【図解】ハ.哺乳類(原モグラ)時代の性闘争本能(010301-010303) 走馬灯 07/01/18 PM09
140561 生命原理に根拠を置かない思い込み 走馬灯 06/12/19 PM03
135518 本当の進化の意味を知りました 矢内春菜 06/10/26 AM00
130362 進化の捉え方 32 06/09/08 PM11
126415 進化してきた事実は、不全(=逆境)を乗り切るため。 近藤文人 06/07/21 AM02
126388 「逆境下で生物は進化する」という新たな認識 大木康子 06/07/20 PM10
126309 モグラVSヘビ 平松拓也 06/07/19 PM11
126269 原生代末期に何が起きたのか?(1)〜超大陸ロディニアの分裂と全球凍結〜 鈴木隆史 06/07/19 PM07
126073 逆境と進化のまとめと未明課題 藤田公一 06/07/17 AM02
126050 逆境⇒進化という事実を見えにくくさせている定説の限界とは 山澤貴志 06/07/16 PM10
126044 史上最大の大量絶滅 笠原光 06/07/16 PM09
126014 「陸生植物の出現で、動物の陸生化が促進された」って本当? apor 06/07/16 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp