生物学を切開する
125973 頭足類との闘いに敗れ汽水域に追いやられたのが脊椎動物の祖先
 
土山惣一郎 ( 48 山口 デザイナー ) 06/07/16 AM00 【印刷用へ
 約5億年前、オウムガイなどの頭足類と初期脊椎動物である無顎魚類の関係は、一方的に脊椎動物が捕食される関係だったと言われています。その後、魚類の先祖たちはこの頭足類から逃れるように、汽水域(≒河口)に追いやられ、浸透圧との闘い、水位の変動への対応などの外圧に晒される中で、外骨格や空気袋(=肺や浮き袋の前身)を獲得し、再び海にもどる者、新たに淡水に適応する者へと適応拡散していきました。

 この汽水域からも追い出された種が両生類に進化し、さらにこの水際空間で大型化した両性類から逃れて、乾燥した陸地生活に適応していったのが爬虫類です。

 もともと生命の源を育んだ‘母なる海’を好き好んで捨てる生物などは想定しにくいのですが、特に陸上生活はからだを支えるだけでも水中よりも負担が増大します。やはり、生存闘争に敗れてより過酷な環境に追いやられることで、適応拡散していったというのが真実でしょう。そして、その中で奇跡的に適応できた種が、新たな制覇種として、進化のページを切り開いてきたことを、上記の脊椎動物の歴史は明確に示しています。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_125973
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
149360 「逆境」という、生物史を貫く共通項 匿名希望 07/04/14 PM02
149263 現在の我々の存在を再度認識する マー 07/04/13 PM04
149179 逆境で進化したって本当? 第4稿 匿名希望 07/04/12 PM09
148965 海水から淡水へ。 Lucky 07/04/09 PM03
シリーズ「逆境からの進化」 「Biological Journal」 06/09/16 PM10
127495 魚類の進化(海にいる魚類の大半は淡水で進化した) 村田頼哉 06/08/05 AM01
126217 デボン紀の過酷な環境変動が、肺と鰾(うきぶくろ)をつくりあげた 村田貞雄 06/07/18 PM10
126119 いいとこ取りの進化でないことが、逆境を乗り越えた証拠 内山竜太郎 06/07/17 PM08
126041 海水域から淡水域へ。安定したミネラル補給の仕組み「リン酸カルシウムの背骨」を獲得 三輪歩未 06/07/16 PM09
125999 浸透圧との闘い→鱗・腎臓機能の獲得 西谷文宏 06/07/16 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp