学者とマスコミはグルで頭脳支配
124343 あらゆる圧力を排除する個人主義
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 06/06/30 AM10 【印刷用へ
近年学校現場では我々の世代ではあまり聞かなかった言葉が教育されているようだ。
「相手の気持ちを考えなさい」「自分がされて嫌なことは相手にしないように」。一見もっともらしい言葉である。
しかしよく考えれば、これらの言葉は実に危険であることに気が付いた。一方で相手への配慮を呼びかけると同時に、何であれ相手に不快を与えること=相手に踏み込むことをや圧力をかける事にブレーキをかける言葉でもあるからだ。

実際若い世代の話を聞くと、これらの言葉群は、何かを嫌がっている子供に対して、例えそれがいかに自己中心的なものであっても「そんな、その子の気持ちも分かってあげなければ」という形でその子への圧力を排除する役割を果たしている事例が多い。

収束不全が進行する中、取り分け'90年以降学校現場では観念支配が強まっていく。その中核観念が個人主義である。その中でもとりわけ個人主義の派生物たる人権観念は「個人の幸福」を最高価値とする観念である。そうであるが故に「個人に不快」なものをとことん排除していく。今学校で語られている上記の観念群は、一見本源風を装いながらも、実はこの個人主義思想をベースとしているが故に、この様に単なる圧力の封印装置に摩り替わるのである。

しかし、’70年以降、社会的に生存圧力は衰弱するばかりで、共認圧力こそが唯一の圧力源へと変化している。
その中にあってこれらの観念群は明らかに、その最も重要な共認圧力を排除する役割を果たしている。その結果、本来まともな人間に育てていく任務を持つはずの学校が、旧観念支配によって、逆に無圧力空間を自ら創り出し、「自己中」の生産に荷担する場と成り果てつつあるのだ。
 
  List
  この記事は 122889 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_124343
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
185211 個人主義から生まれた無責任な言葉 汚れなき男 08/09/09 PM02
185050 全うな言葉も倒錯観念に引きずりおろされる、末期的な状況 山田真寛 08/09/07 PM08
145799 個人主義は2重の破壊構造を持つ。 山田太郎 07/02/25 AM06
文科省のいじめ定義改訂??? 「感謝の心を育むには」 07/01/23 PM10
135839 人々の意識次第で、社会はどっちにでも転ぶ。 清水志保 06/10/28 PM11
128723 「体験」も危険な観念 前上英二 06/08/21 PM11
127499 人権観念は「ひとでなし」を生み出す観念 衛藤信義 06/08/05 AM02
127438 閉塞(の元凶)を打破するには。 原田昭雄 06/08/04 PM06
126937 教師こそ過保護存在では? 長谷暢二 06/07/28 PM11
126925 自己中は何か実現できるのか? 06/07/28 PM09
126919 個人主義に染まるほど、活力は出なくなる。 馬場真一 06/07/28 PM08
126822 家庭は最早、安全な空間ではない 大嶋洋一 06/07/27 AM11
126646 ミス大爆発⇒警戒心発の集中力はガタガタ⇒共認圧力発の集中力を形成するには? 小圷敏文 06/07/24 AM08
126620 仕事もいっしょ 西村真治 06/07/23 PM10
126589 僕らには自己中と過保護が温存されている かなめんた 06/07/23 PM04
126025 耳障りのよい言葉には注意が必要 浅野信夫 06/07/16 PM06
124610 社会空間から遠ざかり続ける学校 細田卓司 06/07/02 PM04
124552 異常事態 匿名希望 06/07/01 PM11
124525 旧観念は共認圧力を排除する 橋口健一 06/07/01 PM09
124488 『圧力忌避』 06/07/01 AM11
124427 圧力は買ってでも得よ! 佐藤英幸 06/06/30 PM10
124369 自我温存の中で蓋をされた子供達は今・・・。 田野健 06/06/30 PM02
124346 「苦手」はゴマカシ 川井孝浩 06/06/30 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp