アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
123245 アメリカはますます孤立する?〜ビルダーバーグ会議最新情報
 
サンボマスター ( ビルダーバーグとハンバーグの違いぐらいは判るおじさん ) 06/06/22 AM03 【印刷用へ
世界中がワールドカップに浮かれる裏で、世界の超権力者たちが集う秘密会議ビルダーバーグが今年も開催された。(秘密なのはマスコミが取り上げないからに過ぎない。アメリカには追求しているメディア「アメリカン・フリープレス」がある)リンク 

注目は行き過ぎたアメリカのネオコン・軍産複合体の独走に対する欧州の対応であった。以下、「闇の権力」ウォッチャー太田龍の「時事評論」6.18、6.20より 
リンク 

**********************************
「アメリカン・フリープレス」二〇〇六年六月十二、十九日号。ジェームズ・P・タッカーJR の記事によるとビルダーバーグの二〇〇六年度年次総会は、カナダ、オタワ近郊で、六月九日から十一日まで開催された。

(1)ビルダーバーグは、チャベスベネズエラ大統領、イラン、ネオコン戦争機関を、コントロール出来ないかも知れない、と、心配して居る。
(2)民族主義者がグローバリストの計画をブチこわすこともあり得る。
(3)ヨーロッパのビルダーバーグは、米国がイランを攻撃することを恐れて居る。もし、米国がイランを本当に攻撃するようなことがあれば、巨大な世界的動乱を引き起こすであろう、と。

世界権力は、長期に亘って、中南米と北米を一つの権力構造に組み込むべく努力して来た。(しかし)今のところ、チャベスベネズエラ政権に対する米CIAと米軍による非合法なテロ謀略工作は成功して居ない。更に、イラン情勢も、イルミナティにとっては、頭痛のタネである。これらの深刻な事態の展開に対して、ビルダーバーグ年次総会はいかなる決定を下したのか。

ヨーロッパのビルダーバーグ会員たちが、米国のイランに対する武力攻撃に対し、強硬に、ノー!!を突き付けた。あるヨーロッパの出席者は、 「我々は、イスラエルのためのあなた方(米国)の(対イラン)戦争を支持せず、支援しない」と述べたと言う。

************************************

「闇の権力」も決して一枚岩ではない。ヨーロッパとアメリカの権力者の対立が鮮明になった。なりふり構わぬアメリカの暴走はもはや世界世論だけでなくヨーロッパの闇の権力者たちからも愛想をつかされ始めたようだ。

これを受けてアメリカはどのように動くか、見限られたCIA・軍産複合体はより暴走を強めるか?しかしそうすればするほど、アメリカの没落は早まる。アメリカ世界金融資本ロックフェラーが中国シフトを急ぐのはそれを見越してのことではないか。

日本はブッシュ・CIAのいいなりを続けている場合ではない。
 
  List
  この記事は 123244 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_123245
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
学生でもわかる『闇の支配勢力の抗争史』〜第8話〜世界における金貸しの勢力変化 「日本を守るのに右も左もない」 10/10/24 PM02
144822 『ビルダーバーグ倶楽部』ダニエル・エスチューリン著
「世界を支配する陰のグローバル政府」
猛獣王S 07/02/13 PM00
?thyl carbamate carisoprodol 「?thyl carbamate carisoprodol」 06/10/21 AM09
123978 世界権力構造の多極化 匿名希望 06/06/27 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp