アメリカ→官邸→マスコミによる支配
122172 日本の政治家も、絶えず監視され報告されているようだ
 
南風小僧☆ ( 天然おやじ 島国 ) 06/06/18 AM06 【印刷用へ
少々古いがこんな記事を見つけた。
(以下引用 リンク )

>CIAなどの諜報機関と日本の関係についての情報の中で、もっとも注目すべきなのは「市場開放/米国の切り札は政治家のスキャンダル?」(エコノミスト93・9・14)であろう。筆者はワシントン在住の日本人、国際コミュニケーション研究所所長の浜田和幸である。浜田は、アメリカのトップは日本の市場開放につよい自信をしめしているとし、つぎのようにリポートする。

>「この自信の裏には、アメリカの諜報機関や司法当局が徹底的に調べあげた日本の政治家の暗部に関する情報の蓄積がある。今日までアメリカは日本の与野党を問わず主たる政治家の行動をあらゆる方法でモニターし、三〇分おきにワシントンに送り続けている。その情報力は日本の検察当局がどうころんでも太刀打ちできない。これらの情報があれば、いくら日本の政治家が内政干渉と反発しようと一蹴できると踏んでいるのである」。

この情報もエシュロンやらCIAを動員して収集しているのだろう。しかも30分おきという念入り。これじゃ日本の政治家は、アメリカのご機嫌伺いするしかない。今じゃ政治家に限らずもっと広く深く監視されていることだろう。

そういえば官僚もインターネットで暴露されたノーパンシャブシャブ事件いらいすっかり、おとなしい従米・売国派になってしまった。

姿勢が曲がっているのをはっきり自覚させ、ちゃんと国民の方を向かせるにはどうしたらいいんだろうか?
 
  List
  この記事は 117344 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_122172
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
217433 特定少数による政治システムだから狙われる こうた 09/10/17 PM01
政府が外貨準備金で米政府系金融機関を救済しようとしていた事が明らかに 「にほん民族解放戦線^o^」 09/10/07 PM04
政府が外貨準備金を使って米政府系金融機関を救済しようとしていた事が明らかに 「にほん民族解放戦線^o^」 09/10/07 AM01
165974 米軍が日本メディアを監視し、全てが米国政府に報告されている具体的システム 猛獣王S 07/11/26 PM05
生徒さんの声:S.K.さん(流山市) 「英会話のSprout公式HP---Official Website…秋のキャンペーン、最高4割引!」 07/09/21 PM11
小説:紺のストッキング 5章-1 「あれれ?納得いかない訴訟・裁判情報!」 07/07/16 PM01
153866 携帯番号が“背番号”に 移動履歴監視の怖さ(国家による国民総監視時代の到来か) 猛獣王S 07/06/08 PM10
あくまで虐殺を続けるイスラエル 「にほん民族解放戦線^o^」 06/08/01 PM01
あくまで虐殺を続けるイスラエル 「路上日記@なんで屋」 06/08/01 PM00
122229 > 日本の政治家も、絶えず監視され報告されているようだ 寺嶋眞一 06/06/18 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp