健康と食と医
118895 白砂糖と精神疾患
 
浅野雅義 ( 38 滋賀 不動産 ) 06/06/07 AM08 【印刷用へ
以下長くなりますが、具体的な白砂糖による害悪に関しての引用を紹介します。
--------------------------------------------------------------
●「砂糖は体も心も狂わせる」高尾利数著 ペガサス刊(リンク
1.砂糖をやめたら悪童がよい子に
・アイスクリーム、種々のケーキ、精製シリアル、ボンボン、ミルクセーキ、ミルクチョコレート、白パン等を大量に摂取していた悪童にそれらの砂糖を含んだものは一切食べさせず、野菜と黒パンを主とし、肉類も控えさせた。一週間で「悪童マイケル」は、よい子になってしまった。博士は、試しに以前の食事を摂らせてみたら、たちまち悪童に戻ってしまった。
2.不良少女らが普通の女の子になる。
・これらの少女達の食事は、長い間、白パンとマーガリン、ハム、大量の砂糖入り紅茶、缶詰の肉、魚やポテトチップス等であった。
・新鮮な果物、ナッツ、野菜、黒パン、ナツメヤシの実、干しプラム、いちじく、蜂蜜、チーズ、良質な肉と卵、オートミールに変えた。彼女たちの顔色は良くなり、態度も明るく落ち着いてきて、問題児などいなくなってしまった。
3.低血糖症と交通事故
H.J.ロバーツ博士「ハイウェイの殺人者として暴露された砂糖」
・「信号の見落し、交差点の暴走、車線の誤走、坂の上での追い越し、カーブでのスピードの出し過ぎ、ハンドル操作の誤り」などの隠れた原因を探求すべきだと主張している。その重要な源泉は、アメリカ人ドライバーの多数の、機能的インシュリン分泌過剰症による、病的居眠り状態や低血糖症でいずれも原因は白砂糖の摂りすぎである。
・その食事もここの例のように白砂糖の摂取を中止し、ごく質素な食事で短期間のうちに治すことが出来る。現在の日本人の大多数の人々の食物の傾向は、食品であって食品ではない白砂糖の摂取過多であり、一方生命の源であるミネラルの甚だしい摂取不足である。

●白砂糖の害T(リンク
☆栄養生理上から
・白砂糖からはビタミンやカルシウムは期待できない(砂糖の代謝のためにビタミンB1、カルシウムを他から早々ととって自分の消化の為に使うエゴイスト)
・白砂糖の過食はポリオ(小児マヒ)天かん、糖尿病、癌、ライ病、胃腸病、結核などにかかりやすくなる。
・白砂糖はそれ自体が完全燃焼できないために焦性ブドウ糖酸、乳酸等の酸を体内に残す。これが疲労のもとである。

☆性格に及ぼす影響
・砂糖の過食はまず骨や神経をもろく、細くする。カルシウム不足を起こし、その結果、虚弱体質をつくり意志薄弱、姿勢が悪く神経質で我儘なエゴイストができやすい。それに自我意識が強く、集中力がなく、あきっぽい。泣き虫で怒りっぽい。気短かになりやすく、精神的にも不安定になりイライラする。
--------------------------------------------------------------
 と考えれば、現代の短絡殺人、自殺者、交通事故の増加(リンク)などの社会問題の一因である可能性があります。いずれにせよ、「食塩」と同様に国民が直接的、間接的(清涼飲料、外食等を通じて)に摂取している「白砂糖」による人体破壊は、全国民の一部でしかない喫煙者によるタバコの害悪よりは、はるかに大きい事は間違いないと思います。

 
  List
  この記事は 118724 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_118895
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
砂糖が脳のエネルギーになる、という嘘! 逆に低血糖症を招き脳が正常に働かなくなる 「地球と気象・地震を考える」 15/02/20 AM10
300968 砂糖のとり過ぎは性にも有害! 藤山 撫子 15/02/07 PM05
287204 昔ながらの製法で作られた調味料 匿名希望 14/02/11 PM00
人工物質が肉体を破壊する その6 白砂糖と精神疾患 「地球と気象・地震を考える」 09/11/04 PM03
218645 砂糖って必要? HALLOWEEN 09/10/31 PM10
カラダにいい水、の話(3) 「新しい「農」のかたち」 08/01/03 AM08
163477 自然の摂理に反した砂糖の過剰摂取が、体を蝕む たっぴ 07/10/14 PM07
集落営農 農政改革関連法でどうなっていくのか 「新しい「農」のかたち」 06/11/17 PM10
131537 黒砂糖と白砂糖の主要栄養素の比較 山田純子 06/09/21 PM07
129014 チョコレート(ココア)は健康飲料から嗜好品へ 是永恒久 06/08/26 AM00
124136 砂糖による肉体破壊 安西伸大 06/06/28 PM10
124040 砂糖の弊害なのか、自身の人格の問題なのか分かりませんが・・・ 川上真奈美 06/06/28 AM00
”食べ物が危ない”シリーズA 「いい男・いい女 」 06/06/27 PM04
123793 ピュア物質と中毒性の関係は? 山澤貴志 06/06/25 PM10
123057 砂糖の取りすぎによる低血糖症と無気力でキレやすい子の関係 阪本剛 06/06/21 PM02
白砂糖による肉体・精神破壊!?〜白砂糖は悪ガキを育てる?〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 06/06/19 PM03
122075 目先のストレス解消法 内山竜太郎 06/06/17 PM11
120895 無知の恐怖(知らず知らずに中毒!?) ベリー 06/06/14 PM09
119624 マーガリンも危険かもしれない@ 〜カビも生えないし虫も食べない〜 関英治 06/06/10 AM06
119515 人工物質なしの食事ができない時代 匿名希望 06/06/09 PM08
119508 内なる環境問題としての健康?! 小圷敏文 06/06/09 PM08
119289 塩、砂糖まで・・・じゃぁ、どうしたらいいの? 佐藤祥司 06/06/09 AM00
119232 砂糖を精製するのはなんで? 樫村志穂美 06/06/08 PM10
119156 問題の核心は、巧みな共認支配→思考停止? 田中直人 06/06/08 PM07
119005 やっぱり砂糖も塩も…も、アメリカ様の御指定(命令)のようですね。 原賀隆一 06/06/07 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp