民主主義と市民運動の正体
118252 相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する
 
土山惣一郎 ( 48 山口 デザイナー ) 06/06/03 PM05 【印刷用へ
 権利概念のすべては架空観念と断定していいと私も考えていますが、その最大の根拠は、権利とは100%自分の感情発であり、相手側にも同じ感情があるということが完璧に捨象されているからです。

 もし「自分にも感情があるように相手にも感情がある」という単純な事実に立脚するなら、権利主張という行為は全面崩壊に陥ります。

 つまり、自由な権利主張を善とする人権主義や民主主義は、自我私権だけを前提にしないと成立しません。だから「現代社会の様々な矛盾や対立を根絶するために人権主義や民主主義がある」などというのは真っ赤なウソで、「相手の感情」を無視した思想がどれほど危険かということに、そろそろ私たちは思い至らなければなりません。
 
  List
  この記事は 117871 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_118252
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
287411 77人殺した殺人鬼が「人権」を主張・・・西洋発の近代思想=架空観念の異常さ 越見源 14/02/17 AM10
183713 新しい思想の答は実感できることの中にある 井上知子 08/08/21 PM10
180474 権利から役割へ 福田尚正 08/07/02 PM11
139738 人を殺すのは人であって銃ではない 匿名希望 06/12/09 PM11
124657 権利観念に支配され幼児化しつつある社会 冨田彰男 06/07/03 AM01
120523 相手も同じであるという意識があるから… 匿名希望 06/06/13 PM00
120117 「人権=要求権」という倒錯 すずかん 06/06/12 AM00
120025 事実か否か。 りんごりんご 06/06/11 PM06
120003 「権利」というおかしなスタート地点 アリンコ 06/06/11 PM04
119886 事実を歪めた社会共認に乗って、自己虫が増殖し社会を破壊し始めた。 三浦弘之 06/06/11 AM01
119805 適応的であるかどうか 野村徹 06/06/10 PM09
119513 まるで‘魔女狩’、 そして・・・ 林昭光 06/06/09 PM08
119100 わがまま、要求発だから権利が細分化する。 かなめんた 06/06/08 PM00
118903 反人間的、反集団的、反社会的 岩井裕介 06/06/07 AM11
118742 権利概念に無自覚に毒されていることの問題性 匿名希望 06/06/06 PM01
118711 権利を主張すれば、全的に統合不全になってしまう! 近藤文人 06/06/06 AM10
118709 人それぞれでは皆を充足させることは出来ない!。 江岸元 06/06/06 AM10
118549 旧観念は同化回路を麻痺させる 匿名希望 06/06/05 PM00
118424 どうやって洗脳を解く? 鈴木康夫 06/06/04 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp