日本人と縄文体質
117890 儒教の教えと労働
 
(貴) 06/06/02 AM02 【印刷用へ
 孟子の教えに、「頭脳労働の人は人を治め、肉体労働の人は他人に治められる」というものがあります。統治者と被統治者の階級地位を厳格に区別し、封建統治者の長期的な利益を維持しようとしていた意図のようですが、これにより「体を動かす仕事は卑しいもの」という思想が儒教文化圏では定着しているようです(中国や韓国など)。

 
 こうした精神構造を如実に示すエピソード。

 両班(朝鮮の貴族階級)の外国人家庭教師がテニスを教えようと、テニスコートを作りルールの手ほどきをした。しばらくして家を訪ねると、召使い2人がボールを打ち合い、両班本人はそれを眺めている。不思議に思って家庭教師が聞いてみると両班は言った「汗をかく事は召使いにやらせているのだ」と。


 日本にも儒教思想はある程度伝わっているはずだが、「額に汗して働く」ことが卑しいという感覚はない。この違いはどこから来るのだろう。
 
  List
  この記事は 116212 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_117890
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp