日本人と縄文体質
11426 南方か北方かを言葉からみる
 
細田卓司 ( 中年 香川 技師 ) 01/09/21 AM03 【印刷用へ
 縄文の時代から,現代の日本人のこころの深層にまで脈々と,受け継がれているものは何なのか?そんなものは,私権時代そして近代観念の時代に塗りつぶされ,もう呼び起こすよすがもないほど,はるかかなたに消え去ったのか?

・・・あれだけ長期にわたって継続した文化が,完全に消滅するはずは,無いのではないか?・・・日本人は,(明治政府がこの名をつけるまでは,こんなもの,どこにも存在しなかったと言うほど,異民族を意識することなく,ある意味では,のほほんと),この日本列島に,存続してきました。ということは,日本語の中には,縄文のこころが残っているのかもしれません。

南方から,北方から(あるいは未明のルートから)渡来したモンゴロイドが,日本列島の広葉樹・照葉樹の森に適応し,文化的にも,血の上でも,融和し,交わったのが縄文人なのでしょう。 であるとすれば,その出自を示すDNAに関わらず,日本列島の森が生み出し,育んだ固有種が,縄文人ともいえるでしょう。

以下は,縄文語の復元をされている 国立民族学博物館 崎山 理教授の研究を紹介するHPの引用です。
URL→リンク

>ところで、縄文語はどのような言葉であったのか。
 これまで日本語はいろいろな言葉と比べられてきたが、日本列島周辺の言葉のうち、となりの中国語、韓語・朝鮮語、日本国内のアイヌ語などは日本語とまったく系統的関係がないことが明らかになっている。逆にいえば、これらの言葉はそれぞれが独自の長い歴史を持っていることを意味する。
 そして比較研究の結果、現在、日本列島をはさんで北と南に大きく広がるツングース諸語とオーストロネシア諸語が日本語を産みだした最有力候補で、縄文時代中期以降、これらの言葉が日本列島でたがいに接触し、その後、混合することによって現在の日本語の母体を形成したことが分かってきた。
 このようにして、日本語の中の単語の多くはオーストロネシア語に、助詞や助動詞という文法要素は大部分をツングース語に負っていることになるが、奈良時代までまだ盛んに用いられていた接頭語はオーストロネシア語の要素を受け継いでいる。・・・・・引用終わり

---どうも,縄文のことばは,南方と北方の言葉の融合したもののようですね。

---また縄文語は,現在の日本語ときわめて近い音を持っていたようです。

---そして,親族を呼ぶ名詞は,父と伯父・叔父が同じアヤ ,母と伯母・叔母が同じイネ,弟・妹・いとこ(年少?)が同じオト,兄・姉・いとこ(年長?)がイエ,祖父・祖母が同じノノとなっており,採取民族の総遇婚的な,婚姻・家族形態を想起させます。

具体的な崎山 理教授の(復元)縄文語の言葉(名詞)は,以下のようです。(下記より引用)
URL→リンク


体の部位
----------------
現代語    縄文語
髪        カミ
顔        トゥラ
耳        ミミ
鼻        パナ
くちびる     ピル
手        タア
胸        ムナ

動物
----------------
現代語    縄文語
犬        イナ
イノシシ     ブイ
クマ       クマ
ヘビ       ムイ
トリ        ドリ
サカナ      イワ
カイ        カピ

自然
----------------
現代語    縄文語
空        アマ
海        ワタ
山        ダマ
星        ボツィ
雪        ドキ
雷        グル
 
 
  List
  この記事は 10748 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_11426
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
日本人の起源を探る9〜南方か北方かを言葉からみる 「共同体社会と人類婚姻史」 11/05/19 AM07
239803 オーストロネシア語族について☆2 hey 10/10/23 PM11
239802 オーストロネシア語族について☆1 hey 10/10/23 PM11
239799 日本語の成り立ち☆ hey 10/10/23 PM11
日本人の言葉と共認内容〜?縄文語について 「共同体社会と人類婚姻史」 09/09/18 AM09
155656 縄文時代の言葉に興味津々 大地の子 07/06/29 PM11
144612 アイヌの統計について t.a 07/02/10 PM07
115779 融合によって誕生した縄文人(=日本人) 原田昭雄 06/05/24 PM08
93201 身近だった縄文人 浦野てる代 05/06/23 PM02
92953 縄文人から受け継いできたもの 久保田彰子 05/06/18 PM11
88193 共認という言葉がしっくりくる理由 安藤太地 05/03/31 PM10
85198 縄文のことばのその後 八代至誠 05/02/05 PM10
84211 南方系から北方系へ言語は変化 岡本誠 05/01/19 AM01
12122 縄文語はどこへ? 三ヶ本万州夫 01/09/28 PM01
12082 顔は違うが血は近い? 田中素 01/09/28 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp