密室家庭は人間をダメにする
111357 父権の復活??
 
山崎許子 ( 28 札幌 OL ) 06/05/03 PM08 【印刷用へ
ある雑誌で、近頃子供の塾選びに父親が積極的に関わるようになり、これは父権の復活ではないか、と書かれていました。塾で働く人に聞くと、クレーム電話等も父親から掛かってくるケースが増えているようです。
私は、“父権”の復活というより、要求主義の父親の増加に思えてなりません。どうしてこういうことになってしまうのでしょうか?
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_111357
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
115607 父親が子育てに関わるって ヘルシー 06/05/23 PM10
115571 要求主義の父親が変わらねば! ネームペン 06/05/23 PM09
お受験パパの増加? 「なんで屋−驀進劇−」 06/05/22 PM08
闘争の方向性を打ち出してくれることに期待 「開放空間「THE ROTEN」」 06/05/10 AM08
112334 最後の私権の砦へと逃げ込む男たち? とみー 06/05/09 AM03
111818 父親の役割不安が教育熱に向かう 加来野浩史 06/05/06 AM11
111815 それこそ、父権の喪失 赤澤功 06/05/06 AM09
111732 このままだと父親の役割は渉外だけになりかねない 佐藤英幸 06/05/06 AM00
111719 家族でできるボードゲームも父親主導でヒットしているそうですよ。 サクラ サク 06/05/05 PM11
111710 やはり要求主義?? 前田かおり 06/05/05 PM11
111705 父親への統合期待では? 佐藤賢志 06/05/05 PM10
111637 父親がその有様では家庭の密室度合いは増すばかり。 大森義也 06/05/05 PM06
111560 「父権の復活」というよりも・・・・・。 大木康子 06/05/05 AM02
111448 塾選びに口を出す父親は脱貧困最初の世代? 庄恵三 06/05/04 PM04
111426 2人の母親に育てられる子供 麦秋 06/05/04 AM10
111415 要求主義の父親が増えているのはなんで? 近藤文人 06/05/04 AM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp